飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCゲーム】PES 2013レビュー

<<   作成日時 : 2012/11/13 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前のエントリーでも触れましたが、今年はFIFAシリーズでなくPES 2013を購入しました。理由は「1.日本代表がデフォルトで入っている」、「2.インテルを含むセリエAのクラブ全て実名で収録されている」、「3.リリース元のコナミが日本のソフトウェアメーカーだから日本経済に少しでも寄与出来る」、「4.FIFA 13に比べて安かったから」というもの。デモ版をプレーした限りではFIFA 13の方が好印象だったんですが、主に3.と4.の理由により敢えてPESを選んだという経緯です。

実際にプレーしてみた率直な感想は、あらゆる面で残念な面が目立つ出来具合でした。特に今作で新たに採り入れられたというPlayer IDですが、全ての選手に適用されているわけではなく、その多くが動きの不自然な汎用モーションを割り当てられている為に、全体としてサッカーゲームとしてのリアル感を喪失している印象でした。

また今作からフルマニュアルパス&シュートが可能となりましたが、手持ちのアナログコントローラー(Logicool RamblePad 2)のせいかもしれませんが、非常に繊細な軸操作とボタン押下が求められ、大雑把な感覚で操作すると明後日の方向にボールが飛んでいってしまってストレスが溜まります。さりとて自動パスにしても、狙い通りの強さと方向にならず、少しでも軸がずれていると意図した選手とは違った選手へと勝手にパスを出され、プレイヤー自身が一瞬惑わされてしまいます。一応自動パスを選択した場合には、味方選手をサーチする強さを4段階で調整出来ますが、最弱の1や2に設定した所でパス方向や強さが改善されるわけではなく、完璧に自分好みの操作性にするには有志による非公式ツール(パッチ)に頼るか、観念してPESの操作性に慣れるしかありません。

不満点はこれだけに留まりません。チュートリアルとして様々な操作を学べるモードがあるんですが、このチュートリアルがPES初心者にはかなり難しく、操作を覚える前にコントローラーを窓から投げ捨てたくなる衝動に駆られてしまいます。FIFA 13にも同様のトレーニングモードは存在しますが、デモ版をプレイする限りではFIFAの方が楽しく遊べたのは間違い有りません(※あくまで個人の感想です)。

シングルプレイでのメインとなるMaster Leagueもゲームとして未成熟な事からストレスが溜まります。まず最大の問題として日程が実際の物と全く異なるため、試合前のプレビューとして使うには現実的で無く、その用途で遊ぶなら試合ごとにエキシビションマッチを行うしかありません。また日程を進めるのにも1日ずつコマがアニメーション移動する為に、イラチな関西人としては見ていてイライラします。せめて「指定日に移動」を選んだ際には一発で指定日時に飛んで欲しいものです。それとこれはFIFAシリーズにも言えることですが、チーム運営や監督業など煩わしいだけなので、お節介なメンバー自動選出機能が存在するなら監督やチーム運営も自動で賄ってくれるモードを用意して欲しいです。そこに楽しみを見いだすユーザーは最初からFootball Managerなどを購入するでしょうし。

細かい所では日本代表の選出メンバーも微妙に古く、また基本的にメンバー固定(※データが存在すれば入れ替え可能。ただし検索機能が存在せず、名前順、ポジション別のソートしか出来ない為に操作が煩雑になる)なせいで、W杯アジア地区最終予選オマーン戦(11/14)に選出された何名かの選手は有志が作成した非公式パッチやツールを用いてメンバー入りさせねばなりませんでした。

他にも不満点を挙げればきりが無いのですが、それでも敢えてPESを選ぶ利点というのも存在します。かねてから言われているように日本代表の顔の造作はPESシリーズの方が似ており、リプレイなどで顔が似ていないとガッカリするという方にはPESを選んだ方が正解かもしれません。専用の顔データが用意されていなくても、写真(真正面かつ無表情がベター。余白は顔と同じ色で予め塗りつぶしておく)から簡単にテクスチャを生成出来る点も評価に値します。

そして何より日本国内では圧倒的にウイイレユーザーの方が多く、友達同士で集まってゲームをする機会の多い学生さんなどはFIFAよりPESの操作性に慣れ親しんだ方が幸せになれるかもしれません。ちなみにコンソール版に無くてPC版を積極的に選ぶ利点は、購入費用の安さ(PC輸入盤だとPS3国内盤の半額以下で買える)とカスタマイズ性(※非公式ツールやパッチを導入する知識と覚悟があるなら)にあります。前述したデフォルトデータに無い日本代表メンバーも、著名なパッチを導入した上で非公式カスタマイズツールである「PES EDITOR 2013」を用いれば簡単にメンバーの入れ替えが可能となります。なお、非公式パッチの導入に当たっては、使用するウイルス対策ソフトによってはマルウェアとして検知されたり動作に必要なファイルが勝手に削除されるので、何が起きても自己責任で導入してください

唯一楽しいと感じたのは、カメラを俯瞰からプレイヤー視点に切り替えて個人技でのドリブル突破などが決まった時です。何故か俯瞰で見ているよりプレイヤー視点の方がドリブルのコース取りやスルーパスのイメージがし易く、操作性が向上し狙い通りに近いプレイが出来ます。横パスやアーリークロス、サイドチェンジなどはイメージとのずれが生じますが、それでもデフォルト視点でプレイするよりはストレスを感じません。

結論として、日本代表とセリエAやリーガエスパニョーラでのプレイがメインで、よく遊ぶ友達がウイイレを所持しているならPES 2013を購入して間違いありません。ブンデスリーガやプレミアリーグでのプレイがメインとなると、PESでは非公式パッチ導入か手作業でのフルカスタマイズが大前提となりますので、それが嫌ならFIFA 13を選んだ方が賢明でしょう。ちなみにFIFAではWEB上での公式ツール(EA SPORTS Football Club/100チーム・50人・5つのトーナメントまで/来年9月まで使用可能)でカスタマイズ可能です。


追記:公式パッチ1.03リリース

DLCはゲーム内からダウンロード出来ますが、公式パッチは幾つかのファンサイトが公開しているリンクを辿るか、公式サイトトップページ右下にある「DOWNLOAD PC UPDATE 1.03」のバナーをクリックした先にあります。なお、DVD版とダウンロード版ではファイルが異なるのでご注意を。




Pro Evolution Soccer 2013 (輸入版)
Konami

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pro Evolution Soccer 2013 (輸入版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

FIFA 13 (PC) (輸入版)

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCゲーム】PES 2013レビュー 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる