飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Mac miniに魅せられた

<<   作成日時 : 2005/01/13 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日Appleより発表された小型PC「Mac mini」に魅了されてしまった。スペック的にはiBOOKのそれと大して変わらないわけだが、特筆すべきはその大きさと重さだ。冷蔵庫の中に収まるようなタッパーケース(タテヨコ16.5cm、高さ5cm)程の大きさに、1.32kgとモバイルノート並の携帯性が素晴らしい。そして何より価格がこれまでのMac最安値(最安値モデルで58,590円)を更新した事だろう。

 ただしそれだけの要素で私が魅了されるハズもなく、個人的に注目したのは「Windows用のキーボードとスクロールホイール付き2ボタンマウス(共にUSB)が使える」点にある。更にディスプレーモニタも汎用的なDVI-I端子が備わっており、Windows用として市販されているVGA端子を備えたCRTやDVI端子を備えた液晶ディスプレーだって問題なく使える。つまりMac mini本体さえ購入すれば、Windowsマシンで使っていた周辺機器を無理なく使い回せるのがWindowsユーザーにとって有り難いのだ。

 これを買う、買わないは別にして密かに期待している事がもう一つある。それはMac miniが飛ぶように売れて、これ用の周辺機器としてApple以外のサプライメーカーからオシャレなキーボードやマウス、液晶モニター(もちろんWindowsと共用可)が発売される事だ。

 御存知のようにiPod用の周辺機器は既に多数発売されている。どれも白を基調としたスッキリしたデザインの物ばかりだが、もしiPodが売れていなかったらこれら周辺機器も存在してなかっただろう。Windows PC向けの周辺機器はお世辞にも「おしゃれ」と言えるものはほとんど無く、あったとしても選択の余地が限られていたりする。これをMac miniが大ヒットする事により変えてくれるんやないかと密かに期待してやまないのだ。特に液晶ディスプレー。色だけでなく、丸っこいデザインのオシャレなディスプレーが出たら若い世代や女性を中心に売れそうな気がする。

 当のAppleでは、Mac miniをiPodを接続する「周辺機器」として売り出すようだが、そんなの抜きにして「Macがお求めやすくなりました」だけでも十分売れるでしょう。人気沸騰中のiPodや液晶一体型のiMacにはさほど興味を覚えなかった私ですが、このMac miniなら「手にとって触ってみたい!」と思ったのだ。手のひらサイズの格安Mac、果たして世に受け入れられるかどうか注目しましょう。

関連記事

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0501/12/news016.html

Mac mini製品紹介ページ

http://www.apple.com/jp/macmini/

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mac miniに魅せられた 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる