飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS dTVでスター・ウォーズ/クローン・ウォーズ三昧な日々

<<   作成日時 : 2016/01/05 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズシリーズ視聴目当てに年明けからdTVに加入しました。現在は31日間無料視聴期間中になっていますが、先般のエントリでお伝えしたとおり、NOTTV加入者向けキャンペーンを駆使して視聴料金500円相当(内税)に当たる割引施策を3ヶ月間行使し、それまでの間にシーズン6(ザ・ロスト・ミッション)までの108あるエピソードを観る予定です(既に正月休みを利用してシーズン1は視聴済み)。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズとは

 実写映画版のEP2クローンの攻撃とEP3シスの復讐に挟まれた所謂「クローン大戦」時代の物語で、お馴染みのアナキン・スカイウォーカーやオビ=ワン・ケノービ、パドメ(アミダラ)議員、ヨーダらに加え、新たなキャラクターとしてアナキンのパダワン、アソーカ・タノや実写映画版では1シーン程度しか映らなかった数多くのジェダイマスターの活躍を描いてます。またクローン・トルーパー視点の物語や各星系の様々な種族との交流と戦いもあり、壮大なスター・ウォーズサーガを補完する3D CGアニメーションとなっている。

 時系列的には映画版のクローン・ウォーズが先で、TVシリーズは各シーズンに跨がる形となる物語や未完のエピソードなどもあるが、EP3や後に製作される「スター・ウォーズ 反乱者たち」に引き継がれる設定や登場人物などもある為、スター・ウォーズファンなら1度は見ておくべき作品と言える。


 ザ・ロスト・ミッションは無料で視聴出来るBSチャンネルのDlifeでの放送が1月8日から開始されるので、こちらは録画予約だけしておいて後から視聴するつもりです(※dTVでも期間限定で配信中だが間に合いそうに無い)。参考までに、dTV以外では今の所クローン・ウォーズの配信予定は無く、過去にカートゥーンネットワークやNHK BS(※シーズン3まで)で1回きり放送されただけの超レア配信なので、この機会を逃すと次はいつ見られるか分かりません(尤も、スター・ウォーズシリーズの版権の一部がディズニーに移った事で将来ディズニーXDなどで視聴出来る可能性はあります。ただしdTVでの権利者表記はLucasfilm Ltd.となっているので、クローン・ウォーズの版権がどうなったかは不明です)。dTVでのクローン・ウォーズシリーズ(シーズン1〜5)の配信期限は2016年の2月10日までとなっています。

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス




Amazon|スター・ウォーズコーナー※現在スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ シーズン1-5 コンプリート・セッ トはマーケットプレイスのみの取り扱いとなりやや高値での販売となっています
※映画同様の動きとギミックで大人気の【日本正規代理店品】Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒) BB-8 (ドライブ / ホログラム機能) R001ROW、Amazon.co.jpでの次回入荷予定は1月23日頃となっています


dTVを視聴するにはスマホ、PC、スマートTVとdアカウント会員登録が必要



 docomoユーザーであるなら何も迷う事無くdメニューからdTVへの加入手続きを済ませるだけで即視聴可能となります。それ以外のユーザーは別途dアカウントへの会員登録と視聴する為に必要な機材(Android端末やiOS端末、dTVターミナルやdスティック、Chromecast、Nexus Player、Apple TV、dTV対応TV、ひかりTVチューナー)を用意しなければなりません。dTV対応TVは今の所ソニーとパナソニックのAndroid TVと一部機種に限られますが、2014年以降に発売されたものであるなら順次対応していくものと予想されます。

 問題はPCでの視聴で、ブラウザ(Google Chrome v45以降やWindows 10標準ブラウザのEdge)によっては視聴出来ない可能性があるようです。IE 9以降とFirefox 15.0.1以降ならばSilverlightの最新版プラグインをインストールする事で視聴可能なんですが、環境によってはそれでもエラーが発生して視聴出来ない場合があります。

エラーコードP020-6013でdTVが視聴出来ない場合の対処法



 私の環境下で発生した問題ですが、「ハードウェア構成が不明でコンテンツ保護されたコンテンツの再生ができません(エラーコード:P020-6013)」と表示され、公式サイトの「よくある質問」に記載された方法(Silverlightの再インストール、セキュリティ設定やセキュリティソフトの問題)では解決出来ませんでした。同じくSilverlightを用いているWOWOWメンバーズオンデマンドでも「エラーコード:6013 / ユーザーのハードウェア構成が大幅に変更され、DRMの状態が有効でなくなりました。」と表示されたので、さくっとSilverlightのDRM情報を削除する事にしました。以下がその方法です。

  1. エクスプローラーで「C:\ProgramData\Microsoft\PlayReady(Windows XPではC:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\PlayReady)」フォルダを表示する
  2. 「Cache」フォルダとmspr.hdsを削除する


 これらのフォルダが見つからない場合は、エクスプローラーの「ツール(Windows 8以降は「表示」)」→「フォルダオプション(Windows 8以降は「オプション」)」にある「表示」タブをクリックし、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックマークを入れ、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックマークを外して下さい。念のため、これらの操作を行う場合は管理者権限のあるユーザーでログオンしてからの方が良いでしょう。

 DRM情報が有効で無くなる状況は、過去にSilverlightプラグインを用いて動画などを視聴した際と現在のハードウェア構成が異なると整合性が取れなくなるようです。私の場合はイーサネットコントローラー(有線LAN)を内蔵のものからIntel Gigabit CT Desktop Adapterへ変更した為と思われます。その他にもCPU、M/B、ストレージ、ビデオカードなどを別のモノ(同一型番でもロットが異なると別物と判定される恐れあり)へと換装するとDRM情報が破損する恐れがあるでしょう。

過去記事:【パソコン】Silverlight 5をインストールしたらGyaO!が見られなくなった

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
dTVでスター・ウォーズ/クローン・ウォーズ三昧な日々 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる