飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCゲーム】正統シムズの進化版!?「ザ・シムズ4」レビュー

<<   作成日時 : 2014/09/23 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回のエントリでは開封フォトレポートをお届けしましたが、今回は遅ればせながら「ザ・シムズ4」のファーストインプレッションをお届けしたいと思います。まだプレイ期間が1週間と短いので、主にシムズ3と比較してどう変わったかをレポートします。

想像以上に軽い動作



 真っ先に挙げるとすればこれに尽きるでしょう。シムズ3では広大なワールドをシームレスに移動出来るのが魅力の一つでしたが、シムズ4では1つのワールドの中に幾つかの区画が集まったご近所が数カ所あり、操作するシムが住まう区画を中心とした別の区画を除くご近所内であればセーブ/ロードを挟まず自由に移動可能(※新たなご近所の区画に立ち寄るとセーブ/ロードが挟まる)となっています。読み込むデータ量を抑える事で動作の軽快さを目指した物と思われますが、想像以上に人の往来が多く、シムズ3は元よりシムズ2の公共区画かそれ以上に次から次へとシムが目の前の通り過ぎていきます。低スペックマシンでもこの傾向は変わらず、今の所マシンスペック(シムズ3ではCPUクロック)で区画に集まるシムの人数を制限している事は無いようです(ただしシムズ2の公共区画のように電話で無制限に呼び寄せられる物でもない)。

 ご近所から別の地区へ移動するにはキーボードのMキーを押す事で直ちにマップ画面が開き、移動先と一緒に連れて行くシムを指定するとロード画面が挟まります。このロード時間はシムズ3やシムズ2のそれより短いものの、決してすぐさま完了するものでもありません。私のメインマシン(Core i7-4770@3.7Ghz/メモリ8GB/RADEON HD 7850)にはランダムリードが7.5万IOPS(公称値)のやや古いSSD(PX-128M3P)を搭載していますが、そのマシンですら十数秒程ロード(とセーブ)時間が掛かります。サブマシン(Sempron 3850@1.3Ghz/メモリ8GB)には2.5インチのHDD(ランダムリードは先述したSSDの1/10以下)を搭載していますが、こちらのロード時間は30秒から40秒ほど(※解像度1360*768/グラフィックオプション標準時)と、セーブデータがさほど大きくない始めたばかり頃はSSDでもHDDでもそれほど大きな違いは感じられません。キャッシュファイルのサイズは現在までの所数十から数百KB程度なので、ランダムライト&リード性能が高い最新高性能のSSD程、マップ移動時に挟まれるロード時間を「それほど長く感じない」程度に押さえ込む事が可能でしょう。参考までに、両者のロード時間等を収めた動画(上がメインマシン、下がサブマシン)です。





 動作が軽くなった一方で犠牲となったのがリカラーです。シムズ3では服やオブジェクト、建材などを自由にリカラー出来る事が魅力でしたが、シムズ4ではそれが廃止され、既に用意されている色違いバージョンから選ぶ事しか出来ません。ファイルサイズが小さくなるのは歓迎するものの、遊び方の幅を大きく狭める事になってしまったこの仕様変更には、多くの既存ユーザーから不満点として挙げられています。またごく小さな事ながら、移動手段に乗り物が使えなくなった事も残念です。Mキーを介さずにコントロールパネルから自宅↔別の区画への移動を選択すると、ロードされているご近所の端までシムが走って行くので、少し煩わしく感じる事もあります。この移動中に車などの乗り物が使えれば良かったように思います。

見た目の大きな違い、ポストプロセス



 グラフィックスオプションに聞き慣れない「ポストプロセス」という項目がありますが、これはレンダリングされた3D映像に後からエフェクトを加える事を指し、シムズ4では被写界深度と環境光の表現が追加されました。前者は遠くの物はぼやけて見え、後者はより自然な光の表現(照明が壁や天井に反射しシムに投影されたり窓の外に漏れたりする)になりました。技術的な事はさておき、シムズ3より自然な表現になり、スクリーンショットや動画撮影時にシムズ3のそれとは明らかに違いが見て取れるでしょう。百聞は一見にしかず、ポストプロセスを効かせた状態のスクリーンショットです。

画像

画像
照明の当たらない部分は暗い

画像
スタンド照明の当たってる部分は明るい


画像
オマケ:カリエンテ家のカトリーナとシムズ4にゲスト出演した黒木華さん(嘘)


 昨今流行のHDR合成写真のような明暗と色の濃淡がクッキリした画像ではありませんが、ミニチュア風のエフェクトがシムズの世界観にマッチしていて、何気ないスクリーンショットがよりドラマチックに撮れるようになりました。ただしポストプロセスを有効にするとVRAMに過度な負担が掛かる為、VRAMをメインメモリからシェアしているCPU内蔵のGPUを用いてこれを行うと、一部のテクスチャが欠けたりぼやけたりする弊害もあります。環境によってはカメラの中心点にいるシムがぼやけるバグ(※当方のマシンでは全く再現性無しなので環境依存の不具合とも言える)もあるようで、あくまで推奨スペックを満たしたマシンでのみ楽しめるものと考えて良いでしょう。

CAS



 今作のウリの一つとなっている直感的な操作が出来るCASですが、シムズ3のスライダー操作に慣れていると最初は戸惑います。しかし慣れるとこちらの方が自由に思うがままの体型に調整出来る為、プレーヤー事に嗜好が異なるボディやパーツのシムを作成する事も容易となっています。CASチャレンジ的な要素で言えば、芸能人やスポーツ選手に似せたシムを作るのも楽しいでしょう。

 少しだけ便利になったのが兄弟を作成する際、DNAを継承する事で似た容姿体型のシムを作成する事が容易になりました。しかもパーツ毎にランダムに変更可能となっている為、例えば髪型と服装だけ異なる双子の兄弟を作成する際、作業効率が大幅に簡略化されました。上段でご紹介した動画に登場する姉妹はこのシステムを用いて作成しました。

 一方、ここでもリカラー廃止の影響は深刻で、「このトップスとボトムス、色合いが合わないからリカラーで微調整」といった事が出来なくなったのは少なからず不満が生じます。一応、デフォルトで用意されている幾つかの色合い・パターンから簡易的に選べるようにはなっていますが、EAクオリティというか、恐ろしくデザインが野暮ったい為、その中でもマシだと思う髪型、服装に拘りすぎると、街中似た様な格好のシムばかりになるという羽目に陥ります。

 服装システムで好ましいのは、帽子が髪型とは別のカテゴリに組み込まれたお陰で、元の髪型を維持しつつ帽子の着用が可能になりました。またブーツもパンツに合わせて履けるようになった為、テクスチャがはみ出して違和感が生じるといった事も無いです。垢抜けないマタニティウェアも廃止され、体型に合わせて現在着ている服が伸び縮みするシステムになったようです。

基本構成はワールドからご近所の集合体へ



 CASでシムを作成すると次にそのシムが住まう家を見繕うわけですが、デフォルトで用意されているマップにはワールドが2つあり、そのうち居住可能な区画が集まったご近所が3カ所ずつ用意されています。先述したように、アクティブなシムは自分が現在居る区画があるご近所内(※別の区画を除く)であれば自由に移動可能で、それ以外の区画や地区、ワールドへ移動するには一旦ロード画面が挟まります。

 今後拡張セットでワールドが追加されるとすれば、ベースゲームの2つあるワールドに追加される形で居住区域が増えるものと予想され、ワールド間の引越や移動も(セーブやロードが挟まれるものの)基本的には自由に行えるものと思われます。シムズ3までだと新しいワールドをプレイするのに人間関係をリセットしてまで生活をやり直さなければなりませんでしたが、人口増加でセーブデータが肥大化しない限り、新しいワールドで遊ぶのもこれまでより気軽に出来そうです。

より自由に、簡便になった建築モード



 シムズ3までとほぼ変わらない流れとなる建築モードですが、最大の違いは壁や基礎の高さを自由に変えられる(※壁は3段階から選択)ようになった点です。何の変哲も無い平屋建ても、壁を高くして窓を高さ違いに設置するだけで所謂「豆腐ハウス」だったものがデザイナーズハウスのようになります。

 個人的に最も感動したのが、基礎の無い家に任意の高さの基礎を後から設置出来る事です。設置したい基礎を選び、家の壁の下をクリックするだけで基礎付きの家に早変わりし、アプローチには自動的に階段が設置されます。あとは微調整をするだけで、最初から基礎付きの家を建てたのと変わらない仕上がりになります。この間の作業、およそ2〜3分!だから最初に基礎を作るのでは無く、ざっくりと部屋割りを平地に配置してから基礎を付け足す方が簡単かつ仕上がりが綺麗になります。

 部屋割りも従来より洗練され、ユニット工法の住宅のように予め家具などが配置された部屋を並べていくだけで家が形作られていきます。また、家屋ごと敷地内を移設出来るようになった為、敷地の端で家が拡張出来ないなど、これまで感じていた制約が少なくなったように思います。隣接する別の部屋の間取りまで変わるので使い所が難しいものの、部屋そのものをキーひとつで回転させる事も出来ます。

 柱を壁や柵に埋め込んだりするのもチート無しで綺麗に収まりますし、柵や壁飾りも好みの物を選択し任意の場所に設置するだけで自動配置されるようになっているのがとても便利だと感じました。

 ネックは最大敷地面積がやや狭くなって豪邸が建てにくくなった事と、ベースゲームだけでは地下室やプール(※11月のアップデートで無償追加予定)が設置出来ない点です。が、地下室に関してはシムズ3でも最初の拡張セットから実装されたので、より洗練された拡張方法を実装した拡張セットの発売が待たれます。なお、建築材のリカラーも廃止されましたが、洋服程ばらつきが生じない為、標準で用意されているカラーリングだけでもあまり不満は感じませんでした。追記:地下室は2015年3月のアップデートから実装されました。

感情の実装



 シムズ4から実装された新しいAIである感情システムですが、シムの性格や願望により自発的に感情が呼び起こされるというものでなく、シムの行動や現在の欲求に応じて感情が決定されているという感じです。そしてこの感情は他のシムにも伝播し、連鎖反応的に同じワールドに住むシムが似た様な感情に染まっていく様は、シムズがシミュレーションゲームである事を思い出させてくれます。

 シムはその時の感情によって自動選択される行動が変化し、例えば誘惑的なシムは誰彼構わず恋愛コマンドを発動しますし、誘惑されたシムも性格に関係無く誘惑的な感情が高まっていき、やがて感情が誘惑モードになり恋愛コマンドを発動しやすくなります。一方で寝不足などで不機嫌なシムは周りに当たり散らしトラブルメーカーになり易く、当たり散らされたシムも不機嫌になり他のシムに当たり散らし、周りはたちまち険悪な空気に包まれ易くなります。

 放置プレイがお好みならこれら修羅場を眺めてヒヤヒヤドキドキ(ニヤニヤ?)するのもいいですし、目的を持ってゲームをプレイするのが好きな方は修羅場にならないよう、シムの感情を上手にコントロールする事に楽しさを見いだす事でしょう。基本的に何をやっても自由なのがシムズシリーズの魅力なので、遊び方はプレーヤー次第です。

 誘惑、不機嫌以外の感情はひらめき、集中、幸せ、緊張などで、これら感情は室内に設置した「感情に影響するオブジェクト」を有効にしたり特定のスイッチが入るオブジェクト(シャワーなど)を使用する事で感情の転換を図る事が可能です。

恋愛/結婚/出産



 まだ多くをプレイしていないので詳細は不明なものの、恋愛に関してはシムズ3までと大差無い感じです。ただし前作までは友好度を一定値に上げないと恋愛コマンドが出なかった(※誘惑的なシムを除く)ものが、知り合いであれば恋愛値だけを上げる事も可能です。恋愛値が一定以上に上がれば徐々に選択出来るコマンドが増えていき、その場のシチュエーション(基本的にダブルベッドがある場所)に応じてウフフコマンドを発動する事も容易になりました。

 結婚、出産に至るプロセスは基本的に前作までとほぼ変わらないようですが、シムズ4では非アクティブシムに対しても子作りコマンドが選択出来るようになった為、街中の未婚・既婚シムに自分の遺伝子を残すなどという鬼畜プレイも可能ではないかと思われます(試していないので詳細は不明)。ただし誘惑的な状態で放っておくと所構わず勝手に恋愛コマンドを発動し浮気がすぐばれるので、同時進行的に複数のシムと恋愛状態を維持するのは至難の業でしょう。

 デフォルトではご近所の非アクティブシムも一緒に歳を取る(妊娠、出産もする)ようになっていますが、オプションから操作する世帯(または未操作のシム)だけ歳を取らない設定に変更する事も可能です。これは異なる世帯に暮らすアクティブシムを交代で操作する際に重宝し、例えばお嫁さん、お婿さん、恋人候補を新たに作成、街に投入し、プレーヤーが想定する職業、地位、年齢に達するまでゲームをプレイしても、元のシムの年齢は変わらないというちょっぴりチートなプレイも可能となっています。ちなみにtestingcheats trueで職業、地位などを強制変更する事は可能なようですが、覚えるのが大変なのとゲームバランスを著しく狂わせる恐れがある(=飽きがくる)ので初心者にはお薦めしません。一方でCASのデバッグモード(cas.fulleditmode)は外見が気にくわないシムを微調整するのに重宝するかもしれません(※ただし獲得した願望報酬と直前に行っていた行動はリセットされる)。

農耕/収集物/趣味



 シムズシリーズ楽しみの一つに農耕と収集物(隕石や宝石など)がありますが、シムズ4のベースゲームでもそれは可能となっています。むしろベースゲームの割には育てられる植物、拾得出来るアイテムのバリエーションが豊富で、これらを求めワールド中探し回るのも面白いでしょう。ちなみにスーパーマーケットは存在せず、料理で必要な食材は自分で育てるか無ければ自動で冷蔵庫に補充(都度精算)されるようで、不必要な野菜等はインベントリから売却するようになっています。ただし釣り餌に関しては自動補充される事が無いので、餌となるカエルや小魚、ワールド中に自生する植物を採取するか育てて冷蔵庫やインベントリにストックしておくのが望ましいでしょう。

 宝石や鉱物、隕石などの収集物はシムの特質により価値が変わってくるようです。オタクなシム程珍しいアイテムを取得出来る確率が高まり、コレクション欲が程良く刺激されます。詳細は後段の「やり込み要素」にて。

 またベースゲームから加工物が生産出来るオブジェクトが用意されているのも「シムズプレーヤーの嗜好」をよくリサーチしてるな、と関心させられます。木工製品が加工出来るオブジェクトではノーム以外にも家具などが製作出来ます。絵画に関して言えば、その時の感情によって描く事が出来る特別な絵もあるので、加工生産物コレクター(?)の方も満足出来るでしょう。

 楽器も定番のギター、ピアノに加え、バイオリンがベースゲームから登場しました。私の記憶によれば、シムズ3ではストアのプレミアムコンテンツ(有料DLC)、シムズ2では最後の方の拡張セットでようやく追加されたかで、シムがバイオリンを弾いてる場面をあまり覚えてないのですが、シムズ4では何と最も安価な楽器として登場しています。入門用のバイオリンが現実世界でギターより安いのか知りません(※今ざっくり調べたら確かに安かった)が、アメリカではギターやピアノ同様、バイオリンも庶民が手にする事が出来る割とポピュラーな楽器なのかもしれません。

 シリーズ中、新たに加わったアイテムとしてマイクスタンドがあります。これは歌を歌う為のものでなくシムズ4で新たに加えられたコメディスキルを伸ばすアイテムで、練習用として単体で用いても楽しさが上昇しますし、それ自体をコミュニケーションの道具として用いる事も可能です。ただし楽器同様、スキルが低いうちは聞いている人を不快にさせるので、練習するなら誰も居ない自宅が良いかもしれません。

 なお、どうしてこうなった的アイテムとして、望遠鏡が小さな天文台みたいになり、自宅に設置するにはそれなりのスペースが必要となった事です。一応その中でウフフや子作りコマンドが出せるようになっていますが、デザインもあまり良くないし、邪魔だし、吸引力があるから自宅に招いたシムがなかなか出てこないしで、これまでの望遠鏡のように手軽に使えなくなった点は要改良です。ミニ天文台はそのまま残しておくにしても、普通の2x2サイズで設置出来る望遠鏡の復活を希望します。

やり込み要素



 シムズ3同様、コレクションボードがある事でやり込み甲斐があります。マップ上をあちこち探して掘りまくる宝石、金属、化石に加え、採取した植物、サンプルとして送った元素、顕微鏡の写真、宇宙の写真、カエル、魚、トロフィー(My Simsに登場するキャラ)、ポストカード、エイリアンや隕石と多岐にわたっています。それぞれのアイテム発見方法はお楽しみという事でここでは言及はしませんが、あらゆる方法、色んなコマンドを試す中で見つけたものをコレクションするのはかなり熱中してしまいます。

 また幾つか用意されているスキルの中にはレベルアップする事で出来る事が増えていき、それによって新たなスキルやコレクションの可能性を広げてくれます。一つ例を挙げると、調理スキルが上がるとある時点でグルメ料理が作成出来るようになり、調理スキルとは別にグルメスキルというのが備わります。またシムが特殊な感情の状態の時に作成出来る料理もあり、コレクションボードとは別な愉しみ方を提供してくれます。

 マップ内には通常立ち入れない隠し区画も存在し、プレイヤーがそれを発見し隠し区画への到達方法を見つける事も楽しみの一つになっています。ちなみにその区画は通常とは全く見た目の異なる別世界となっていて、そこでしか採れない植物や魚などが存在するので、コレクションコンプリートを目指すなら是非ともチャレンジしてください。場所のヒントは、「川」の近くにあるいかにもな巨大樹、「砂漠」またはとある公共区画の端にある「力ずくでないとこじ開けられないような場所」です。どちらも一筋縄では突破出来ないので、特定スキルが高いシムに挑戦させると良いでしょう。

 プレイそのものとは違いますが、これまでのプレイで積み重ねてきた実績(所謂トロフィー)を眺めるのもいいでしょう。達成度に応じてポイントが加算されますが、これがどこでどう役に立つのかは不明です。もしかしたら願望ポイントとしてそれを達成したアクティブなシムに与えられているのかもしれません(それ以外にポイントを消費するシステムが無いから)。一応この実績はOriginのアカウントと紐づけられたSNSへのリンクが用意されていて、クリックする事で投稿(友達に自慢)出来るようになっているようです。

ながら作業



 シムズ4では「ながら作業」が可能となったお陰で、従来まで黙々と趣味に勤しむシムも、周囲に居るシムとコミュニケーションを取りながら作業を行えるようになりました。チェス盤だけの特権だったスキルを伸ばしながら友情を深める行為が、他のアイテムでも出来るようになった点は大きな改良点だと言えるでしょう。しかしながら一度「会話をする」行動コマンドが組み込まれてしまうと、能動的にプレーヤーがキャンセルするか会話相手が席(場所)を立たない限り、いつまでも延々と話に夢中になって学校や仕事にも行かない自堕落な生活になってしまう点は注意が必要です。

 反対に家族や知人同士集まって一つのテーブルで食事する際も、同席したシムが話し掛けてこない限り、シム達は黙々とご飯を食べ続けます。会話内容もそのシムの性格や感情によって優先度が変わってくる傾向がある為、不機嫌なシムが1人でも混ざっていると険悪ムードが増すばかりでせっかくの食事も台無しになってしまいます。また、誘惑的なムードになっているシムが相方の目の前で唐突に他のシムを口説いてしまう事もあるので、たかが食事の場面でも気が抜けないスリルが味わえます。ちなみに恋人と恋人の家族が同席した場面でも、恋人に恋愛関係のコマンドを発動させると他の家族が気まずくなってしまいます。他にもシチュエーションによっては気をつけなくてはならないコマンドが沢山用意されているので、色々試してシムの反応を見るのも面白いでしょう。

総評、作成ツールがシリーズ中最も洗練されている



 シムズシリーズをやった事のあるプレーヤーならほぼ間違い無くのめり込む事でしょう。特にシムズ3よりシムズ2やシムピープルが好きだったプレーヤーなら、それらMaxisスタジオの手による正統進化版シムズだと感じるのではないでしょうか(蛇足ながらBGMにこれまでのシムズシリーズでお馴染みの曲が入っている)。勿論、ベースゲームだけなので出来る事は限られていますし、先述した様にリカラーが廃止された事によるもどかしさは如何ともし難いです。しかしそれを補って余りあるCASや建築の面白さは、思い通りのシムが作成出来る喜び、そしてそれを思い通りに操る楽しさ、それが思い思いに動き考える様は、いかにもウィル・ライトが作りそうな(※シムズ4の製作には関わっていません)箱庭ゲームの王道だと私は感じました。

 しつこいようですがリカラーが作成出来ない事、マップが狭い事、車(乗り物)で自由に移動出来ない事、根本的に32bitアプリケーションである事が本作における不満点です。低スペックPCでも動かせるよう、敢えて敷居を低くしたのかもしれませんが、最初から64bitで開発していれば変な制限を加えて「改悪」しなくて済んだでしょう。

 ぶっちゃけた話、ゲーム性についての進化はさほど感じられませんが、CASを触るのが物凄く楽しいので、次から次へと新しいシムを作成しては街に投入し、テストプレイを繰り返すという日々になっています。そのうち既存の家だとつまらないから、それを改装してはfreeRealEstate のチートを使って作成したシムを放り込むようになりました。家造りも簡単なので、シムを放り込むのに適当に部屋割りした家屋を作成するのも苦にならないどころか、気が付くと家造りに熱中しているというシムの原点に立ち戻っていました。

 そこに楽しさを見いだせず、専ら誰か他のユーザーが作成したシムや家などのMODをダウンロードして遊ぶ方なら、拡張セット等が充実するまで当面は様子見で構わないと思います。重たいという制約はあるものの、その点シムズ3の方が勝っているので。私はシムズ3からシムズ4に軸足を移すつもりです。

追記:10月のアップデートでゴースト追加



 9月に2回程不具合修正のアップデートはありましたが、10月最初のアップデートでシムズ4にもゴーストが登場する事になりました。かねてから予定されていたのか、はたまたユーザーからの要望に応えたのか真相は曖昧なものの、これでベースゲームにシムズ2及び3同様の要素が加わった事になります。その他のアップデート情報はこちら(英語)こちら(概要)で、スターウォーズのコスチューム(ハロウィン用という触れ込み)と新しい目の色も追加されました。

 今後のアップデート予定は11月に待望のプールと水着が追加される予定です。12月は新しいキャリアと報酬が導入されるそうで、値段に見合った(本体を所持していれば追加料金は無し。「内容の割には高い!」という不満を受けてのサービスなのかも)アップデート内容である事を期待するばかりです。


ザ・シムズ 4 通常版 [オンラインコード] [ダウンロード]
エレクトロニック・アーツ
2014-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・シムズ 4 通常版 [オンラインコード] [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The Sims 4 Premium Edition(輸入版:北米)
Electronic Arts.
2014-09-02
Pc Games

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Sims 4 Premium Edition(輸入版:北米) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



その他、気が付いた事



  • 眼鏡が顔(鼻)にフィットせず浮いているように見える。また髪型によっては突き抜ける

  • 外ごみ箱は自分で購入、設置する

  • 生涯願望は段階的(計4段階)に叶えていき、何かしらの報酬(特質)が得られる。また完了時に次の願望を選んだり途中で変更する事も可能

  • 本は本棚から購入出来る

  • トイレに入った後は必ず手を洗う。例えそれがシャワーを浴びる前であっても…

  • 修理をするとゴミが発生するようになるがアップグレード用のパーツはここから採取しなくてはならない

  • 最初からプランターが用意されているので室内で植物を育てられる

  • 遊び出すと意外に粘土のような髪が気にならなくなった(※髪型の少なさは不満)

  • キャリアの昇進条件に友達○人以上という縛りが無くなった(※生涯願望によっては友達縛りあり)

  • キャリアの報酬もレベルが低いうちに貰えるものがある

  • 仕様かバグか不明なものの、世帯の分割が細かに出来ない(ゲーム中に引越しするを選択しても一緒に連れて行くシムが指定出来ない)
    新しく住まわせたい区画にダミーのシムを居住させ、そこに合流後、ダミーのシムを世帯の編集から削除する
    →もっとスマートなやり方。メニュー画面にある世帯の編集から移動先に「世帯を新しく作る」をクリックし、そこへ引越(分家)させたいシムを選んで→ボタンを押す。編集を終了させてから任意の区画に転入させればOK

  • 公共区画でアイテムを購入したり他人の家で寝泊まり出来るようになったが食費は発生する(※公共区画でアイテムを購入しても料金は発生しませんでした)


不具合情報



  • IMEにATOKを使用していると名前やコンソールウィンドウ(チート窓)で日本語入力が出来ない
    →MS-IME等に切り替えれば日本語入力可能(切替は通常左ALT+SHIFTキー)

  • 希にジャンプバグが発生する

  • その際、使用していたオブジェクトが手に張り付く事がある

  • 公共区画などでタブレットを使用した状態でマップを切り替えるとインベントリから消えてしまう

  • 美術館などでイーゼルを購入、設置した状態で他のシムが絵を描いてしまうと売却も削除も出来なくなる
    →勘違いだったのか購入モードから普通に削除出来るようになっていました

  • 「○○(ダンス等)へさそう」系のコマンドをアクティブでないシムに向けると以後何をやっても離れなくなる
    →デバッグモードチート(testingcheats true)でSHIFTキーを押しながらオブジェクトをクリックし、オブジェクトをリセットするを選ぶ事でアクションを止める

  • 特定の条件が重なると指定したダブルベッドでウフフ(子作り)コマンドが出来ない
    →上下階にダブルベッドが複数個ある区画で下層階に設置したダブルベッドに別のシムが既に寝ている場合など

  • 「ワールドの管理」でマップ画面に切り替えアクティブな世帯を変更すると、直前に操作していたアクティブ世帯(またはアクティブ世帯と一緒に出掛けた場所)などに切り替えたい世帯の住人が居ると、「操作するシムを選ぶ」で選んだシムがその場所に居らず、何も操作出来なくなる
    →もう一度「ワールドの管理」からアクティブ世帯を切り替えれば元に戻る

  • アクティブで無いシムの住んでいる家や公共区画で過ごしていると、請求書未払いのアラートが出るが、そこで支払っても自分の住んでいる区画の請求書は未払いのままになる。ちなみに請求金額は現在アクティブなシムを操作している区画に準じる(=広大な区画だと法外な金額を請求される)

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCゲーム】正統シムズの進化版!?「ザ・シムズ4」レビュー 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる