飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCゲーム】PES 2014レビュー

<<   作成日時 : 2013/11/14 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 去年も同じような事を書いたと思うのですが、私は10年来のFIFAユーザーです。PESはインテルが三冠達成した記念に購入した2010と昨年購入した2013、そして今年購入した2014の3本しか持っていません。今作も両方のデモ版が出揃ってからじっくり吟味し、面白い方を購入しようと思ったのですが、PES 2014のPC版は現在までの所デモ版がリリースされておらず、比較する事が出来ませんでした。FIFA 14のデモ版をプレイする限りでは「これは買い」という思いを強くしたわけですが、一方でPES 2014から採用されたFoxEngine(元はメタルギアソリッド5で開発されたクロスプラットフォーム対応のゲームエンジン)のグラフィックも気になるわけです。巷では重いという評価があったりしてあまり芳しくないですが、私のマシンではどうなんだろうという技術的な興味もあり、パッケージ版を購入しました。

 で、本作のレビューに入る前に幾つか注意事項をお伝えしておきます。まずこのゲーム、RADEONとの相性(歴代PESの伝統)なのか、ゲームを進めるうちにCPU使用率が高くなり終いにはリプレー時にクラッシュする不具合が発生します。結論から言うと設定(Settings)のAudioプロパティを開き、Audio Bufferを初期設定の1から4(おそらく3ぐらいでもOK?)に変更したらクラッシュしなくなりました。次にVIRTU MVP(iMODE D)環境下ではVRAM容量を正しく認識する事が出来ず、グラフィックオプションをMedium以上に設定できない上に、ゲーム開始時に「このゲームはVRAM 512MBないと起動できない」旨のエラーダイアログがポップアップし「無視」を選ばないとゲームが起動しません。回避策としては一旦BIOSからLucid VIRTU TechnologyをDisableにしておき、外部グラフィックボードから起動し、その状態でSettingsでHighに設定しておきます(ついでにAudio設定のBufferも変更しておくのが吉)。設定ファイルの書き込み属性を読み取り専用にするもよし、二度とSettingsを開かないようにすれば、VIRTU MVPのiMODEで起動してもHigh設定が維持されます。ただし件のエラーダイアログだけはついて回る為、毎回起動時に「無視」する作業が必要となります。

 CPU使用率はCoreTempで計測する限り、1スレッドあたり5〜20%(※平均7.41%。実質3スレッドしか使われておらず、その平均値は7.30%)と思っていたより少なかったです。上述したクラッシュ時ですら最大87%(CPU温度52度)だったので熱暴走でクラッシュしたわけではありません。Frapsでフレームレートを計測してみても、ほとんど60fps(平均59.925fps)で最も低い時ですら45fps出ており、勿論体感でも全く重たさを感じませんでした。おそらくもう少し低いスペックのPC(Core i3とGeforce GT 650あたり)でも満足に動かせるものと思われます。参考までに私のPCはCore i7-4770とRADEON HD 7850、16GBのメモリですが、詳しいスペックはこちらのエントリーでご紹介しています。

 さて気になるグラフィックですが、あくまで私見ながら前作より光の表現が増したように感じられました。MGS5のデモムービーでも実写と見まごうばかりの背景に圧倒されましたが、選手の肌の質感や汗の表現、ユニホームのしわに至るまでリアルな描写になったように思います。一方で選手のモデリングというか専用顔グラフィックは前作より劣ったように感じられ、似ているか似ていないかで言えば「似ていない」寄りの選手が大多数を占めるようになりました。日本代表はと言えば、海外のビッグクラブに所属する一部日本人選手はほぼ似ているレベルを維持しているものの、何故かユニホームがオリジナルとは全く異なる(80年代末の真っ赤なユニを彷彿とさせる)し、デフォルトの選出メンバーも架空選手ばかりです。PS3やXBOX360の国内版(所謂ウイイレ2014)ではそういう事が無いようなので、どうやらJFAのライセンス問題で使用できないようです。今までは日本代表が収録されているだけでも「買い」の要素があったんですが、今作はそれすら無い(海外クラブチームやACL出場チームに所属している日本人選手ですら使えない。MODで追加出来るかもしれないが望み薄一応エディット→代表選出から任意のメンバーに入れ替え可能だが、ライセンスを受けているリーグ及びチームに所属している選手と架空選手のみでブンデスリーガ所属の岡崎、長谷部、清武、細貝、乾、酒井高、酒井宏、スタンダールリエージュの川島、J1及びJ2所属でACLに出場していないチーム全ての選手は使えない)為、正直言ってそれ目的で購入しようと考えている方は高くてもPS3版やXBOX 360版が良いでしょう。

 一方でライセンスを受けているリーグやチームでも移籍情報が中途半端で、8月下旬の所謂「駆け込み移籍」が全く反映されていません。10月に配信された最初のデータパックですらこの状態なので、KONAMIのやる気の無さが窺えます。もしかしたら開発部隊が縮小されて今までのようにデータをこまめに配信する事が物理的に出来なくなったのかもしれませんが、それすらも放棄されてしまうとしたら、もはやPESを購入する理由が無いと言っても過言では無いでしょう。ちなみにKONAMIのやる気の無さはBGMにも現れていて、オープニングのBGMが著作権(楽曲使用権)フリーのオペラ(プッチーニ作曲/誰も寝てはならぬ)が使われていたり、明らかに開発期間が足りなかったであろう事が想像されます。まあBGMに関して言えば、例え力入れて作曲されても本編とは無関係なので、それだけは大目に見てあげるとしましょう。※データパック2で移籍も反映されました。加えて専用顔データもかなり追加され、やっと製品として評価出来るレベルには仕上がりました

 実際のゲームですが、選手の挙動やボールの動きなどはHavokの物理エンジンを導入したお陰か、前作より向上しているように感じられました。アナログコントローラーを使えば右スティックでフィジカルコンタクトを仕掛ける事が可能となり、前作までのような「ゴリブル」をある程度防げる(≒邪魔する)ようになりました。ただFIFA 14と比べるとまだ不自然というか、ダッシュでドリブルをすると行き過ぎて操作しづらい感じがあります。またダイレクトプレーが受け手の選手が向いている方向や能力値によって出来ない場面が増えた為、前作までのポンポンパスを繋いでゴール前までボールを運ぶ軽快なスタイルは「出来ない」と割り切った方が良いでしょう。

 Beginnerで対COM戦をプレイすると前作より簡単にゴールを決められるようになった為、PES(ウイイレ)初心者には嬉しい仕様でしょう。ただ暫く遊んでいるとあまりにも簡単にゴールが奪える為歯ごたえが無いのは確かです。さりとてAmateur以上でプレイすると途端に窮屈になり、ゴールを決めるのが大変になるばかりでなく、本物同様ボールを危険なゾーンで奪われてカウンターを喰らう→寄せたDFがコナミエフェクトで尽く躱される→GKと1対1になりあっけなく失点という、非常に忍耐力の試されるゲームになります。守備でストレスが溜まるのが、選手のカーソルが適切な場面で切り替わらない(或いは勝手に切り替えられる)為、ドリブルのコースを消しながらリトリートして味方の戻りを待つという戦術が取れません。マニュアルを見たら幾つかのボタンを押してディレイ出来るような事が書かれてありますが、コマンドを覚えるのが大変で直感的な操作とは言い難い不自由さを覚えました。

 一方でドリブルの方はLBを押しながら左右のスティックを動かすだけで比較的簡単にボディフェイントやまたぎフェイントを入れられる為、こちらの方は前作より直感的にプレーできるのではないかと思います。ただしボタンが先行入力される傾向にあるせいで、思わぬ所でフェイントを入れてしまってボールをかっ攫われる事もあります。慣れの問題でしょうが、下手にドリブルで抜こうとしないで、ワンツーを使った方が簡単だと思います。

 あと上手な方には関係無い話ですが、パスをセミオートマ(セミアシスト?)にしても明後日の方向に飛ばなくなりました。これだけは前作から格段に進歩したと言えます。反面、マニュアルパスだとかなりシビアな方向入力が求められるような印象です。状況によってどちらがいいとは言えないんですが、シングルプレイでサクサクプレイしたいならセミオートマで充分だと思います。

 その他のゲームモードはプレイしていないので分かりません。オンラインは噂によると結構ラグがあるようなので、あくまでオマケ程度に考えた方が良さそうです。とにかく11月にリリース予定のDLC第二弾では専用顔グラフィックも大幅に追加されるようですし、購入するなら今すぐでなくても構わないと思います。私はFIFA 14が半額セール(例年だと3月)になったらOriginで購入するつもりですが、それまでの間は応援しているインテルが国内リーグ戦(とカップ戦)のみなのを逆手にとり、DLC第二弾で移籍が確定し次第マスターリーグ(オフラインモード)のPES 2014で堪え忍ぶ事にします。操作に慣れれば面白いと思うので。


プレイ動画(データパック1版)



プレイ動画(データパック2版)



ワールドサッカー ウイニングイレブン2014
コナミデジタルエンタテインメント
2013-11-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワールドサッカー ウイニングイレブン2014 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PES 2014 Pro Evolution 2014 (PC DVD) (輸入版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。オンラインするにはどうしたらいいですか?
ピーエス
2013/11/18 10:40
メニューを既に日本語化しているので英語表記だと違うかもしれませんが、
マッチ→ランキングマッチで条件設定した相手と1対1のマッチング対戦、
同じく→フリーマッチロビーで任意のサーバーを選んで対戦、
同じく→チームプレーロビーで最大22人の対戦が出来るようです。

オンラインで対戦するにはKONAMI IDが必須で、
そのIDでログオンしてゲームをレジスト(紐付け)しないと
オンラインそのものが出来ないものと思われます。
詳しくはマニュアルの23ページに英語でびっしり書かれてあります ^^;
ベル&しん
2013/11/18 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCゲーム】PES 2014レビュー 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる