飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCゲーム】シムズ4の予想発売月と予想動作環境を考察してみた

<<   作成日時 : 2013/09/03 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 次期拡張セット「イントゥ・ザ・フューチャー」の発売日まで1ヶ月余りとなりましたが、シムズユーザーの関心は次期ナンバリングタイトルである「シムズ4」にあると思います。先日発表されたトレーラームービーでは建築とシム作成モードの画面や実際のゲームプレイ画面などが紹介されていましたが、未だ発売時期や動作環境に関する情報が発表されていません。

 ここで一つの推測を立てると、シムズ3は正式発表(2008年3月19日)からおよそ1年と3ヶ月(当初の発売予定では1年後)で発売にこぎ着けました。動作環境が発表されたのは前年の12月だったので、同じスケジュールで動くとすれば、今年の12月に必須動作環境が発表され、来年の3月か6月に発売されるのではないかと予想されます。

 発売日が3ヶ月飛ぶのには理由があり、一つは株主向けに決算期(3月末。四半期決算は3ヶ月刻み)前にビックタイトルを並べて発売し少しでも経営状態を良く見せたがるメーカー側の意向と、アメリカの学校年度スケジュールに合わせて夏休み前(アメリカは9月からが新学年度になる為、9月発売だとゲームの売り上げが落ちる)かクリスマス前(いわゆるブラックフライデーと呼ばれる11月下旬)に発売するのが理想とされているからです。

 必須動作環境ですが、これまでにリークされた情報などを読み解く限り、比較的ロースペックなPCでも動かせるように設計しているとか。ただ現在シムズ3が満足に動かせないPCでも動かせるかというと、さすがにそれは無理だと想像されます。おそらく一昨年ぐらいに発売されたミドルレンジクラスのデスクトップPC(第2世代Core i5/Geforce GTX 550Ti or RADEON HD 5770)ぐらいの性能は求められるのではないかと…。少なくてもデュアルコア2Ghz以上、シェーダーモデル4.0以上を有したグラフィックカード(Geforce8シリーズ以降、RADEON HD 2000シリーズ以降、インテルHDグラフィック以降)、メモリ4GB以上は求められると思います。

 これはあくまで「予想される必須動作環境」なわけで、快適に動作させようと思ったらよりハイスペックな環境が求められる事でしょう。シムズ4では感情が実装される事により、より複雑かつ並列的なロジック計算が必要となるでしょうから、スレッド数もなるべく多い方が有利になる予感がします。おそらくデュアルコアでも4スレッド以上(※メインプログラム、行動AI、感情AIと最低3スレッド必要)無いと何かのアクションを起こす度にカクカクするでしょうし、効率性を優先すればCPUだけは最新世代(第4世代Core iシリーズや第2世代AMD FX及びAMD APU)の命令セットに最適化されるかもしれません。PS4やXBOX ONEとのマルチプラットフォーム展開を見据えれば、次世代AMD APUの"Kaveri"(※現時点で未発売。今年末から来年初頭発売予定)に合わせてくる可能性が高い気がします。であるならば、新命令セット採用も互換性の問題からAVX止まりである可能性が高く、インテルプラットフォームなら第2世代Core iシリーズ(SandyBridge)以降で問題ないでしょう。

 ただしそれ以前のCPUだと動かない、というのでは困るので、「4コア(≒4スレッド)あるCPUならOK、それ以上の性能ならより快適に動作しますよ」という設計が最も妥当な解決策じゃないかと思うのですが、最悪の場合シムズ3までと同様シングルスレッド番長(※一応シムズ3はマルチスレッドで動いていますが、行動AIを並列で処理していないのかその処理待ちでスタックの原因になっている)だったりすると、MOD無しでは満足に動かせない悪夢の再来になる恐れも…。

 さてここからが本題です。じゃあシムズ4向けにマシン(或いはパーツ)を新調しようとしたら何時が買い時なのか。理想はシムズ4発売と同時にその時のミドルレンジ(実売10万円〜15万円程度)以上のBTOマシンを購入するのがいいと思うのですが、それまで待てないとかシムズ3も遊びたいから今欲しいというなら、第4世代Core iシリーズか今月発売予定のIntel Core i7-4820Kがいいでしょう。グラフィックカードは年末まで待った方がより高性能かつ省電力なモデルが発売されると思うので、今はさしあたって実売2万円〜3万円程度のアッパーミドルレンジと呼ばれるクラスのものを選んでおけばいいでしょう。AMDのCPUは年末年始のkaveri発売まで待つのが吉です。それ以降は新型パーツのリリースは予定されていないので、いずれにしろ正式に動作環境が発表された後、年末年始のタイミングで刷新するのが(消費税増税の問題もあり)ベターかもしれません。


■まとめ■

  • 発売は早くて3月、遅くとも6月?

  • 動作環境の発表は今年12月?

  • たぶんマルチスレッドに最適化される(希望的観測含む)?

  • GPU負荷は小さそうだから2世代前のものでも大丈夫?

  • 逆にCPUは最新世代の4コア以上選択が無難かも

  • 今買うならCore i7-4771かCore i7-4820KとGeforce GTX 660若しくはRADEON HD 7850辺りを選択しておけば失敗しない
    グラフィックボードは性能が頭打ちになったと感じたら来年以降に買い直す


■追記:発売時期決定■

 英語版の発売時期が2014年の秋に決定しました。Originでは既に予約を受け付けていますが、言語が英語版のみで日本語版(またはローカライズなどのアップデート)に関するアナウンスは一切ありません。Limited Editionが5,600円、デジタルデラックスが6,600円となっているようです。両者共通のボーナスコンテンツは「ライフ オブ ザ パーティ(Life of Party)」というパーティ用コスチュームで、デジタルデラックス限定特典はパーティ用の装飾品やレシピが収録された「夜通し(Up All Night)デジタルコンテンツ」、デジタルサウンドトラック(ゲーム内に収録された音楽ファイル?)、内容不明の追加ボーナスコンテンツとなっています。シムズ3の時のように手元に残るグッズは無い(ダウンロード版だから物理的に無理)ようですが、そこそこ値段に見合うだけの特典が用意されているようです。

 シムズ3をパッケージ版で揃えてきた私としては、シムズ4も特典付きのパッケージ版が欲しいところですが、今のところAmazon.co.jpでシムズ4を取り扱っている様子は無いようです。Amazon.comの方にはLimited Edition(59.96ドル)とPremium Edition(79.96ドル)の取り扱いがあり、特典内容もOriginのそれとほぼ同等のようです。ちなみに発売日は2014年12月31日(予定)となっています。秋じゃなくて冬やん…というか、それまでの期間があれば日本を含む東アジア言語版のリリースもありうる事を願っています。

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCゲーム】シムズ4の予想発売月と予想動作環境を考察してみた 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる