飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCパーツ】今夏予想される電力需要逼迫に対処すべく、プチ省電力マシン構築を考察してみた

<<   作成日時 : 2011/05/10 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前々回のエントリーにも書きましたが、東日本大震災以降、日本経済の建て直しに少しでも貢献したい気持ちが強く、どうすれば自分なりに協力できるか日夜模索する日々です。前々回のエントリーではPCの省電力化について考察してみましたが、今回はそれを更に進めるために、今週発売予定のIntel Z68 Expressチップセットで省電力かつそこそこのパフォーマンスを持つマシンを組み上げる事を思いつきました。

 ここで肝となるのが「なるべくお金を掛けずに将来(IvyBridge)へのアップグレードパスを残しておく」事です。IvyBridgeというのは現行Core iシリーズ(SandyBridge)の後継CPUで、先日発表された記事によれば、現在のCPUより省電力性に期待が持てそうなものなのです。そしてそのCPUが発売される予定は来年の1月〜3月期となっていて、この夏を節電マシンで切り抜けるには間に合いそうにありません。その為に「今はCPUにお金を掛けず、将来への先行投資として新型チップセットにかけよう」という算段に辿り着いたわけです。

 Z68チップセットについて軽く説明しておくと、先頃発売されたP67とH67チップセット両方の機能が使えるもの、と受け取ってほぼ間違い無いです。他にも両チップセットに備わっていない新機能なんかもあるんですが、これについては説明を端折ります。要約すると、CPU内蔵のGPUが使えて、モデルナンバーにKのついた倍率変更可能なCPUも自在に扱えるという、「省電力もパフォーマンスも欲しい」という贅沢な悩みに答えるチップセットとなっています。

 しかし良い事ばかりでもなく、Z68のマルチGPU機能にも欠点があるようです。まず、内蔵GPUをプライマリディスプレイに接続していないと、その省電力性が活かせないという事と、もう一つは、1枚のディスプレイで接続する場合、外部GPUのパフォーマンスが本来の性能を発揮できない事にあります。勿論、外部GPUをプライマリディスプレイに接続し、内蔵GPU機能を切れば本来の性能を発揮できるものと推測されますが、それではアイドル時の消費電力が外部GPUのそれを引き継いでしまうため、それならばP67チップセットを使っても変わらないという事になります。

 M/BメーカーによってはP67チップセットにもLucidLogix社のVirtuをバンドルして、マルチGPU機能を扱えるようになる、というような噂もチラホラ聞かれますが、P67はディスコンしてZ68に生産を切り替えているメーカーが出てきている以上、最悪の場合P67が切り捨てられる恐れも生じるわけです。実は機能的にはP67でもZ68でもどちらでも構わないと思っていたんですが、BIOS(UEFI)のサポートが打ち切られてIvyBridgeに換装できない、などという事態は避けたい為、新型のZ68に手を出す方が無難なのではないかと考えた次第です。噂によると、両者の価格差は千円程度と大差無く、時間経過と共に現在のP67と同じ価格帯に落ち着くものと推測されます。機能を絞ったメインストリーム版なら1万数千円から手に入るというわけです。

 CPUは価格面と、C2D E8500から乗り換えるのに手頃な性能のCore i5 2500KかCore i3 2100を候補にしています。手持ちの3Dゲームは2コア以上のマルチコアでは性能を存分に発揮できないものばかりで、動画のエンコードにしてもIntel Quick Sync Videoを用いればクロック差やコア数の差は気にならないからです。むしろ負荷時でおよそ40W程ある消費電力の差が気になる所であり、その点から言えばCore i3 2100の一択しか無いかもしれません。場合によっては、後日発売予定のi3 2105やi5 2390Tも候補に挙げても良いでしょう(今のところその価格差に見合うだけの価値を見出せませんが)。勿論、これは私の使用用途から導き出した結論なので、4コアが必要な人はi5 2500Kで用途に応じてCPU倍率を上下させるといいかもしれません。

 省電力にはあまり関係ありませんが、メモリは日本経済に貢献するためにもELPIDA製のメモリチップを用いた製品を購入する予定です。と言っても、デスクトップ用メモリはほぼ海外工場で生産されたものばかりで、日本の広島工場や秋田工場(後工程)で生産されるものは入手出来ないでしょう。最新の30nmプロセスで製造されたと明記してあれば可能性は高いですが…今のところそうした製品を店頭などで見掛けた事は無いです。モジュールメーカーは入手性のし易さからSanMaxになりそう。国内メーカーに拘るならCentury Microも候補に入れたいんですが、残念ながらELPIDAチップを搭載した2枚組セットが見つからない為候補外となっています。他にも海外メーカー製でELPIDAチップを搭載したものはありますが、大抵はヒートスプレッダに覆われた「チップメーカー不明」とされたオーバークロックメモリである場合が多く、素人にはその見極めが難しそうです。

 SSDも同様の理由から東芝製24nmプロセスで製造された製品を探しているんですが、出荷されたという情報はまだ掴んでいません。128GBモデルが2万円以内で手に入れば本望です。現行の32nm採用モデルだと最安値でギリギリ1.9万円の値をつけている(※下記アフィリエイト参照)ので、それに近い値段になると予想しているんですが…。

 というわけで、M/BだけでなくCPUやメモリ、SSDの新製品が出揃うまでは様子見するのが賢明そうです。関西在住の私にはあまり影響が及ばないものの、中部電力の電力需要が逼迫する恐れがある7月までには何とかしたいですね。

追記:下記関連リンク「ITMedia」さんの記事によれば、外部GPUとの連携はどちら側から出力しても内蔵GPUのIQSVが使える模様ですが、逆に消費電力はどのモードに設定しても外部GPUのそれを引き継いでしまう模様。う〜ん、中途半端。TECH REPORTさんの記事(9ページ目)によると、P67(ASUS P8P67 PRO)よりアイドル時で10W程省電力になっているようです。ちなみに負荷時ではGIGABYTE(Z68X-UD3H-B3)、MSI(Z68A-GD80)の方がASUS(P8Z68-V PRO)より20W程省電力になっているようです。パフォーマンスでは若干劣る場合もあるようですが、今のところ私の中ではNEC製USB3.0コントローラーを唯一搭載したMSI製M/Bが一歩抜きんでてます(購入するなら未発表のメインストリーム版になりますが)。

関連リンク
イマドキのイタモノ:“P67”“H67”入りましたっ──ASUS「P8Z68-V PRO」で“Z68”を試す! (1/4) - ITmedia +D PC USER

Z68 Express motherboards from Asus, Gigabyte, and MSI - The Tech Report - Page 1





I-O DATA Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD SSDN-ST128B
アイ・オー・データ
2009-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by I-O DATA Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD SSDN-ST128B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




Kingston SSDV Plus G3 standalone 96GB SVP100S2/96G
キングストンテクノロジー
2010-11-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kingston SSDV Plus G3 standalone 96GB SVP100S2/96G の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
東芝製32nmプロセスNAND FLASH(HG3)採用



SMD-4G88NP-13H-D DDR3-1333 4GB(2GB*2枚組) SET CL9 ELPIDA
ECスタイル
メーカーSanMax Technologies製品型番SMD-4G88NP-13H-D規格240pi


楽天市場 by SMD-4G88NP-13H-D DDR3-1333 4GB(2GB*2枚組) SET CL9 ELPIDA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




側面のシールにver2.xxとあればELPIDAチップ採用モデルとの情報あり。他にCMZ8GX3M2A1600C8やCMX8GX3M2A1333C9にもELPIDAチップ採用品があるらしい。



Kingston 4GB 1600MHz DDR3 Non-ECC CL9 DIMM (Kit of 2) XMP Low-Power KHX1600C9D3LK2/4GX
キングストンテクノロジー
2010-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kingston 4GB 1600MHz DDR3 Non-ECC CL9 DIMM (Kit of 2) XMP Low-Power KHX1600C9D3LK2/4GX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
低電圧駆動が可能なメモリですが、ELPIDAチップ採用との情報有り。

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCパーツ】今夏予想される電力需要逼迫に対処すべく、プチ省電力マシン構築を考察してみた 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる