飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows Vista SP1/DSP版にすべきかアップグレード版にすべきか

<<   作成日時 : 2008/03/18 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 先週末、待望のWindows Vista SP1のDSP版発売が解禁されましたが、今週中にもリテール版(パッケージ版)のSP1が店頭に並ぶという情報があります。VR-Zoneという海外のPCパーツ関連情報サイトに寄せられた投稿によれば、アメリカのAmazon.comではVista Home Premium Upgrade(SP1)版が$94.99という驚きの価格で予約を受付(発売日は19日)ているそうな。

 日本語版のWindows Vista SP1はMicrosoft Japanが発売元なのでアメリカの値段そのままに販売されるとは思いませんが、それでも既存のVistaより安価で提供されるのは間違いないでしょう。アメリカのように1万円前後で販売されればDSP版より安価となるため、私のような「バックアップ&環境再構築面倒くさ〜」なズボラユーザーにとっては願ったり叶ったりです。でもおそらく安くなったとしても1.5万円前後ではないかと予測されます。まあそれでもDSP版と同程度なので、クリーンインストール支持派や新規インストールを目論むユーザーでない限り、Upgrade版でVistaに乗り換えるユーザーが続出するかもしれません。

 Microsoftの幹部は、リテール版Vistaの価格設定が誤りであったことを先日公式に認めています。私も価格に見合うだけの体験が得られないだけでなく、不安定という噂が後を絶たないVistaに敢えて乗り換える事を躊躇っていましたが、色々な不具合も解消されつつあり、OSとして安定度が増してきた現在のVistaなら乗り換える価値は十分あるでしょう。

 何より私の背中を押しているのはDirectx10とHybrid SLI(Hybrid Power)がWindows Vistaでしかサポートされないという現実です。前者はよく知られていますが、後者はつい先日まで私も知りませんでした。現在使用しているM/BはIntelのチップセットなので、NVIDIAの独自技術であるHybrid SLIは使えませんが、将来的にはNVIDIAのチップセット(GeForce 8200/9200シリーズ?)に乗り換えてでも利用したいと考えているので、その頃までにVistaへアップグレードしていなくては意味が無い事になります。

 全てのユーザーが真の意味でVistaの恩恵を享受するには、DSP版の販売価格も引き下げるべきだと思うんですが、更に深く追求するならば様々なエディションを統廃合して一本化するのが先決なような気がします。個人的にはアルティメット版はボッタクリ価格やと思うんですが…まあ、それを適正価格だと信じて購入しているユーザーが居る限り、Microsoftがこの販売戦略を改めることは無いでしょうね。

 日本語パッケージ版の発売解禁がいつになるか正確には分かりませんが、その注目すべき価格によってはDSP版にメモリー(現在のXPマシンからアップグレードして使用する為ライセンス的に必要)とFDD(将来、DDR3に移行した時の保険用)でも付けて購入するかもしれません。と言うのも、Microsoftは公に認めて居ませんが、DSP版でもアップグレードインストールが可能(反対にアップグレード版でも新規インストールが可能。ただしこっちはライセンス条項的にグレーゾーン)らしい…という情報をどこかで聞きつけたもので。ドケチ(良く言えば倹約家)を自認する私のようなユーザーにとっては、よりお買い得な方を選ぶだけというわけですね。


4/26追記

 何だかんだ言いつつ、Windows Vista Home Premium SP1 アップグレードの優待パッケージを購入しました。価格は消費税が入って16,770円で、梅田にある某Yで購入したのでポイントが10%付きました。ポイントを含めると1.5万円余りと、DSP版よりやや割高だったんですが、無駄にFDDを増やすのもどうなのかなぁという変なエコ精神が発揮されてアップグレード版を選択したという次第です。当初は下でご紹介しているAmazonさん経由で注文しようと思っていたんですが、ついでに値上がりする前にメモリーも買いに行こうと思い立ち、一番最初に立ち寄った某Yで購入させて頂きました。スンマセン、Amazonさん。

 メモリーの方は微妙に高かったのと、体調が優れなかった(買い物途中で気分が悪くなってきた)為に日本橋まで遠征出来ず、購入しませんでした。まあ電車賃を考えると日本橋で買うのも梅田で買うのもあんまり変わらないんですけどね。

 Vistaへのアップグレードは折を見て取りかかろうかと考えています。Ready Boost用の高速USBメモリも手元にありませんし、今急いでアップグレードしてもパフォーマンスが落ちるだけなので ^^;とりあえず、1万本限定とされる特別優待パッケージが売り切れる前に手に入れよう、という狙いがあっただけです。ちなみに、この特別優待パッケージは紙で出来ており、おそらくDSP版のアルティメットΣと同じ素材のパッケージ(こっちは色々オマケがついてて厚みがありますが)と思われます。エコロジーな観点から言えば、プラスチックより紙製パッケージの方が環境負荷が小さいので、プチエコロジカルを自称する私としてはちょっとだけ満足な買い物でした。



--------------------------------------------------
Amazon.co.jpの商品紹介くるくるウィジェット

--------------------------------------------------

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【PC】Windows XP SP3リリースのその日にVista SP1にアップグレードを果たす
 衝撃的なタイトルを付けていますが、当初の予定ではGW中にVista Home Premium SP1にアップグレード完了するはずでした。ところが何度挑戦しても「アップグレードは成功しませんでした」と表示され、XPに強制ロールバックされる事4回、5度目の正直でようやっとVistaにアップグレード出来ました。 ...続きを見る
飼い主ひみつ日記
2008/05/11 21:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows Vista SP1/DSP版にすべきかアップグレード版にすべきか 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる