飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作PC】悩ましき哉、PCI-E 2.0世代のグラフィックボード選び

<<   作成日時 : 2007/12/03 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月になったらPCI-Express 2.0対応の新しいグラフィックボードを購入しようと計画していましたが、手持ちのマザーボードAsRock「775Dual-VSTA」が「GeForce 8800 GT」を認識しない(BIOS画面にすら行かないらしい)という好ましくない情報(※リンク先にある公式情報ではVIAのチップセットがPCI-e gen2.0に非対応な為と説明している。8800GTのビデオBIOSをgen1.0モードに自己責任で書き換えるかVGAメーカーにお願いしろという無茶な締めくくりをしている ^^;)を聞きつけ、こりゃ新たにマザーボードを買い換えるまで当面グラフィックボードの買い換えもお預けやなと諦めていました。

 諦めついでに現在発売されている中でPCI-Express 2.0に対応したマザーボードを物色していたところ、Intel系では「X38」チップセットを搭載したもの、AMD系だと「AMD 790FX」しかありませんでした。12月の中旬にもNVIDIAから「nForce 780i SLI」がリリースされるので少しは選択肢の幅が広がりますが、いずれもハイエンドデスクトップマザーなので、あまり必要としない機能てんこもり、付属品も価格もゴージャスという、まあ正直なところ私のような庶民が気軽に購入候補に挙げられるものではありません。仮に価格的に手を出しやすかったとしても、消費電力の高さ(とクーリングの難しさ)で候補外となるのは必然でしょう。AMD 790/770なら消費電力的にも優れているので魅力的なんですが、いかんせんCPUも同時購入せねばならない事を考えると二の足を踏んでしまうのです。

 個人的には来年Q1にリリースされる予定のハイブリッドSLI(CrossFire)対応のチップセットに期待しています。NVIDIAとAMDからそれぞれ同様の機能を備えたチップセットがリリースされる予定なんですが、3D負荷が高い時には拡張グラフィックボードとタッグを組んで描画し、通常時はチップセット内蔵GPUだけを用いて全般的な消費電力を少なくしようという仕組みらしい。時々ゲームをやる程度のライトユーザーにとっては費用対効果があるように思えるし、そうではない、四六時中ゲームばかりやっている人にだって多少の恩恵をもたらすのではないでしょうか。両メーカーは単体のグラフィックボード装着時より多少のパフォーマンスアップがある事を謳い文句にしているようですが、正直そっちの方はあまり期待してません(SLI対応ゲームだとしても体感出来るか出来ないか程の僅かな差なので)。

 というわけで、マザーボードを買い換えるとしたら来年Q1まで待ちたい、というのが現在の心境です。どうしても今買い換える必要に迫られたとしたら…やむなくP35チップセット採用の廉価版マザーでも買うかな。さもなくば思い切ってAMD 770チップセットとAthlon64 X2 5000+ Black Edition(と、適当なCPUクーラー)でも買うでしょう。無論、そうなるとPCI-Express対応のグラフィックボードも購入せねばなりませんが。そっちの方はGeForce 8800 GTかRADEON HD 3850の512MBを購入する事がほぼ決定済み。しかしそうすると一挙に6〜7万円の出費がかさむことになって痛いですなぁ。

 そんな事を悩んでいたら、「775Dual-VSTA」のBIOSの設定を変更することでAMD「RADEON HD 3850/3870」シリーズが使えるという思いがけない福音を某掲示板で見つけました。見つけたというより、そういう情報が入ってこないか微かな希望を抱いてここ数日チェックしていたんですけどね。なんでも、「Advanced」「Chipset Configuration」にある「PCIE Downstream Pipeline」を「Disable」にする事で使えるようになるんだとか。

 この設定は平たく言うとPCI-Expressの下り帯域を上りと同時に使用するかしないかの設定のようで、上下合わせて2GB/sある帯域が1GB/sに制限されるというデメリットが生ずるらしい。これがどの程度パフォーマンスに影響するかは不明ですが、過去にAGP4倍とAGP8倍でほとんど差がなかった事を鑑みると、大量のデータをやり取りするようなゲームでない限り、気にしなくてもいい性能劣化じゃないかと推測されます。もっともこのクラスのグラフィックボードを搭載させようと考えているユーザーにはもろ当てはまる事象だと思うので、全く気にしなくていい、とは言えないでしょうけど。しかし考えようによっては、今後マザーボードを買い換えたときに更なるパフォーマンスアップが見込めるというわけで、一粒で二度美味しい思いが出来るというものです。

 ひとまずこれでマザーボードを買い換えることなく新しいグラフィックボードへと乗り換える事が出来そうですが、先のハイブリッドSLI(CF)の事を思うと、Intel系ではNVIDIAのグラフィックボードを購入(※已然、8800GTが動いたという報告は入ってないのでそれ以外の製品)しないと意味が無く、RADEONだとAMD系システムに乗り換える事まで考慮に入れねばなりません。まあ、Intel系システムを使い続けても4月ぐらいに(価格改定が入った後に)Wolfdale(Core 2 Duo E8x00)に換装しようかと考えているので、どうせCPUを買い換えるんだったら思い切ってAMD系に移行してもいいかな…などとあれこれ考えている今日この頃です。


■この冬気になるPCI-E 2.0世代グラフィックボード選■

GeForce 8800 GTシリーズ

・ASUS EN8800GT/G/HTDP/512M R2
 独自デザインとASUSブランドで売れそう。メモリにヒートシンクがついてないのが気がかり

・innovision I-8800GTW-H5GTCDS
 ASUSのより冷えそうなファンとシンクが良さげ。でもinno…。

・GALAXY GF P88GT/512D3/CM
 新8800GTSと同等?の独自基板&CoolerMaster製のヒートパイプ付き静音クーラー搭載品。
 メモリとVRMにヒートシンクが付いてないがOC目的で人気が出そう。

・GIGABYTE GV-NX88T512HP
 ZALMAN製クーラーVF700 AlCu(旧型の扇形クーラー)搭載品。
 ※新リビジョンからクーラーが新型のVF830に変わった模様
 メモリとVRMにシンクは無いが比較的安価なのが魅力。

Leadtek PX8800 GT ZL
 お椀型のヒートパイプ付きZALMAN製クーラー(VF830)搭載品。
 保証もおそらく2年付きで(※代理店の保証期間は1年らしい)8800GTの大本命となるか!?

MSI NX8800GT Zilent
 ZALMAN製ヒートパイプ付き大型クーラー(VF1000/アルミフィン)搭載品。
 Leadtekのものより見た目は冷えそうなんですが、MSIのサイトではリファレンスより9%しか下がってないような記述が…


RADEON HD 3850シリーズ

・PowerColor HD 3850 PCS 512MB GDDR3
 ヒートパイプ付き扇形静音クーラー搭載品。メモリにシンクが無いのとパワカラというのが…。

・玄人志向 RH3850PRO-E512HW
 2スロット仕様のヒートパイプ付き大型ファンを搭載した製品。ただしクロシコ(OEM元不明)…。

・ASUS EAH3850/G/HTDI/512M
 上記EN 8800GTと同じクーラー搭載品。メモリにヒートシンクが付いてない事だけが気がかり。

・HIS HD 3850 IceQ 3 Turbo HDMI Dual DL-DVI 512MB GDDR3 PCIe
 ZAV似な2スロット外排気クーラー搭載品。大幅にOCされたLimited版が人気出そう。

・GIGABYTE GV-RX385512H
 ZALMAN製扇形クーラーVF700-AlCu搭載品。
 メモリとVRM上にヒートシンクが付いてないものの比較的安価なのは魅力。

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作PC】悩ましき哉、PCI-E 2.0世代のグラフィックボード選び 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる