飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作PC】RV670の正式名称が決定?

<<   作成日時 : 2007/10/19 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今月下旬から来月にかけて発売されると噂されている次期アッパーミドルレンジ向けグラフィックカード、そのうちAMD-ATi「RV670」の正式と思われる名称が方々のサイトでリークされています。それによるとRADEON HD 3800シリーズとなる模様で、これまで噂されていたHD 2950シリーズという名称は幻となりそうな気配が漂っています。

 HD 3800シリーズのラインナップは従来HD 2950 XTと呼ばれていた上位版がHD 3870となり、HD 2950 PROと呼ばれていた下位版がHD 3850となるようで、グレードの高い方が十桁のナンバー「7」、低い方が「5」という、DirectX9世代のATi黄金期の始まりであるRADEON 9700/9500シリーズを彷彿とさせるモデルナンバーとなりました。

 ATiが上位版の製品名にXTを付けるようになった頃から、ライバルであるNVIDIAが下位製品に対して意図的にXTと付けるようになり、それに対抗してATiがNVIDIAの上位版を示すGTの名称を下位製品に付けたりするという、消費者的には非常に紛らわしい時期もありました。もしかしたら今回の名称変更は、そうした醜い足の引っ張り合いから脱却したかった狙いがあるのかもしれません。

 そして今回の名称変更で見逃せないのが、千桁のナンバーを「2」から「3」に上げている事にあります。従来までの命名法則からすると、この数字が上がる時には大幅な設計変更がなされた場合に行われてきました。今四半期にリリースされるグラフィックカードでは、NVIDIAもATi(AMD)も従来モデルのプロセスシュリンク版(とPCI Express2.0対応)と噂されていたので、いわゆるマイナーバージョンアップである可能性が高いんですが、ATiのRV670に関しては明確に「DirectX 10.1対応」を謳っているので、この対応の有無を未だハッキリとさせていないNVIDIAとの差別化を狙ったものと捉える事も出来るのではないでしょうか。

 NVIDIAのG92ことGeForce 8800 GTシリーズは既にメーカー側が出荷間際の段階に入っており、パッケージやマニュアルの差し替えなどの手間や費用的問題もあり、今更名称変更も出来ないものと推察されます。ひょっとしたらこの時期の名称変更は、NVIDIAを出し抜くために最初から予定されていたものなのかもしれませんね。そのNVIDIAのカードは従来シリーズとの違いが(名前からは)一般ユーザーに伝わりにくく、注意深くPCパーツの情報をチェックしているような人でない限り、「目新しっぽく」「分かり易い」モデルナンバーを採用したATiに流れる可能性もなきにしもあらずか。ただ、この価格帯のグラフィックカードを購入するようなユーザーは、いわゆるゲーマーと呼ばれる人たちが多いので、PCパーツ情報にやや疎い一般ユーザーの動向とは趣が異なるかもしれません。

 個人的には11月から12月にかけて各種サイトで発表されるであろう、両社の製品のベンチマークや消費電力などのレビューを参考に比較検討し、12月下旬にでも新しいグラフィックカードを購入する予定です。事前にリークされた情報から読み解くと、おそらく性能的には両社共いい勝負となりそうなので、あとは価格の問題だけという事になりそうかな。願わくば、3万円を切る価格帯でそこそこ性能が良く、程よく省電力なカードがリリースされるといいですね。

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作PC】RV670の正式名称が決定? 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる