飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PCゲーム】FIFA SOCCER 08レビュー

<<   作成日時 : 2007/10/15 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

 先週末、予約注文していた「FIFA SOCCER 08」が届いたので、早速簡単なレビューをお届けしたいと思います。まず本作からNext Gen(次世代)版とCurrent Gen(現行世代)版の2つの系統に別れ、XBOX360版とPS3版が次世代版、PC版、PS2版、PSP版、NDS版、Wii版(※操作方法が特殊になる可能性あり)などは現行世代バージョンというわけで、基本的には前作のFIFA 07と同じ作りとなっています。

 ただ幾つかの点で前作とは違うところがあって、エフェクトの掛かり方と申しましょうか、入場時やゴールシーンのリプレーなどでHDRレンダリングを用いて遠くの景色をぼやかす特殊効果が掛けられて居るんですが、これの描画が私の環境下では全くのピンぼけで、近視の人が眼鏡を掛けずにサッカー場全体を見ているようなボケ方となっています。たぶん描画関連の設定ファイルの微調整を怠ったか、私のグラフィックカード(GeForce6800)固有の問題なのか、とにかくXGAでもSXGAでもボケは直らなかったので、仕方なく「\FIFA 08\data\cmn」の「cfg_pc_h.ini」というファイルにある「DISABLE_DOF」の値を1に変更して特殊効果(厳密にはDepth of Field=フィールド深度という値のようです)をオフにして遊んでいます。

 そしてもう一つは、CPUのプレッシングが鬼プレス(?)と不評だった「FIFA 06」に回帰しています。これまでウィイレシリーズしかやったことがなく、初めてFIFAシリーズを遊ばれる方だったら、ストレスがたまりまくって窓からコントローラーとソフトを投げ捨てたくなるでしょうね。その「FIFA 06」では「cpu_diff.ini」という設定ファイルを書き換える事でCPUの強さを自在に調整できたんですが、今作からその設定ファイルがどこにあるのか不明となり、調整不可能(※無理矢理「ini.big」に放り込んでも反映されず)となりました。どこかにパッケージングしてあると思うんですが、おそらくFIFA ONLINEにおけるチート対策で弄れないようにしたんじゃないかと推測されます。

 まあ、根気よく軸をずらしつつショートパスを繋いだり、時々サイドチェンジしていればどこかに大きなスペースが空くので、そこを使って突破すればあっけなくゴールを割ることは出来るんですけどね。実際の試合を見ているようと言えば聞こえはいいですが、初心者が安心して遊べるレベルであるはずの「Amateur」でこの有様なので、万人が楽しめるソフトでない事だけは確かです。

 一方、今作のウリの一つである「Be a PRO(選手なりきり)」モードですが、想像していたのと全く違うものでした。なりきりというより、従来視点(※一応、「Be a PRO」視点も用意されているがPC版だけのバグなのか選手視点にならない)で任意の1選手しか操作できないモードと言った方が分かり易いでしょうか。現代サッカーにおける正しいポジショニング(とカバーリング)を学ぶにはいいかもしれませんが、めちゃめちゃやりにくいうえに自分がプレーに絡んでない時には退屈極まりなしと、ゲームとしては成り立たないシステムだと感じました。同様のモードにZone PlayというDF、MF、FWなどのブロックごとに操作できるものも用意されているんですが、やりにくさはBe a PRO以上だった事だけはお伝えしておきます。

 もう一つのウリであるマニュアルボールコントロールですが、ロングパスにしろスルーパスにしろ、慣れないうちは思ったところにボールが出せず苦労するかもしれません。特にサイドからのクロスが放り込みにくくなりました。前作をやり込んだ方ならここが一番変化に戸惑う場面かもしれません。スキルムーブの方は前作よりは発動しやくなりましたが、これも思い通りにコントロールするには相当な鍛錬を積まないと上手に出来ないでしょう。一つだけ進化した点は、チーキーロブと呼ばれる、浮き球のショートパスが簡単に出せるようになった事。相手選手に囲まれても、左アナログスティックを放した状態でロブパスボタンを押すことで、正面側の近くにいる味方選手へとパスが渡りやすくなりました。ただし自陣内でこれが発動されるとクリアしたつもりが密集地帯にボールがぽとりと落ちてピンチを招いてしまうので、明確にクリアするつもりならシュートボタン(クリアボタン)を押した方が良さそうです。

 さて、このエントリーをご覧になっている大多数が気になる情報としては、海外クラブでプレーする日本人選手がどの程度名を連ねているかという事でしょう。結論から言うと、よほど名の知れてないプレーヤーでない限り、ほぼ全員が揃っている事を確認しました。トリノの大黒やザルツブルクの宮本と三都主(登録名はAlex)、グルノーブルの伊藤翔、ラス・パルマスの福田もみんなメンバー表に入っていました。前回のエントリーでも触れましたが、日本代表とJリーグはライセンスの関係上残念ながら未収録となっています。

 インテリスタ的には今作からマテラッツィが実名で登場した上に、専用モデリングを与えられた事が嬉しい。ただ残念だったのは、カンビアッソが汎用モデルだった事と、髪の毛のテクスチャがコントで使うようなハゲヅラ風(しかもオレンジ色)だったのが不満大でした。カンビアッソ以外にも、汎用モデルを用いられた選手は髪、顔などのテクスチャが結構粗く、いくらそれがEAクオリティだと分かっていてもプレーヤーをなめとんかと問い詰めたくなるほど適当すぎる仕上がりです。こんなこっちゃ、今作からDirectX9.0cに対応を果たしたPES 2008(Pro Evolution Soccer 2008。ウィイレの海外版)にユーザーが流れてしまうのも食い止められないでしょう。

 その他気になった点は、フォーメーションの種類が前作より減ってしまった事と、シムズ2でも問題になっている、SecuROM問題でしょうか。こっちはインストールできないといった情報は耳に入ってない(なにせ日本人のFIFAプレーヤーはマイノリティなもんで、日本語の情報自体限られている ^^;)んですが、このゲームをプレイした後にシムズ2のディスクと入れ替えようとしたところ、どういうわけかシムズ2が起動できず、PCを再起動するか「C:\WINDOWS\Prefetch」フォルダにある、「AUTORUN.EXE-xxxxxxxx.pf」というファイルを削除(ごみ箱からも)してようやく起動出来る状態になるといった、相当面倒くさい仕様になっています。

 とまあ、ざっとプレーした感じでは誰にでもオススメできるような出来じゃないですね。XBOX360版やPS3版だったらもう少しまともに作り込んであるんでしょうけど、PC版に関してはついでに作ったような雑な印象を受けました。見た目は気にせず、ストイックなまでに技を磨きたく、実際の試合のような緊張感に包まれたい方は「FIFA 08」を、そうではなく見た目重視で、サクッとストレス解消したい方は「PES 2008」をオススメします。


10/27追記:

 あれからマネージャーモード(ウィイレで言うところのフランチャイズモード)を1週間ほどやり込んでみましたが、基本的にはFIFA 07と同じ感覚でプレイできます。ただし幾つか変わったところがありまして、一つはプレシーズンマッチが4試合まで組めるようになった事、もう一つはバグの可能性が高いんですが、クラブ幹部から出されるシーズン毎の目標がどういうわけか半年毎に査定されるようになり、選手を獲得しろと要求しつつ、財政を安定化させろという無理難題が押しつけられるようになりました。選手の引き抜きも前作より少し難しくなったような印象があります。それともう一つ細かいことですが、シーズン最初のイタリアスーパーカップが開催されるスタジアムが、何の嫌がらせか知らないんですがユベントスのホームスタジアムであるデッレ・アルピ固定となっており、どう考えてもFIFA 07にちょっと手を加えただけなんと違うん?とかなり不信感を抱くような作りになっています。

 他にもバグと思しき不具合があり、試合中に度々出されるリプレーをキャンセルすると、ごく希にFIFA 08がフリーズしてしまい、どういう操作をしてもデスクトップ画面に戻らなくなってしまう事があります。タスクマネージャーを起動させ、目隠し状態で「ALT」+「U」+「R」キーを押してPC事再起動させないとリセットするしかない羽目に陥ることもあるのが往生してしまう。既にリリース済みのファーストパッチは8/28以降の移籍市場を反映させただけのものであり、バグフィックスされたパッチがリリースされるのはいつになる事やら…。


 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【PCゲーム】シムズ2:トラベラーズ!データセットレビュー
 どうもこんばんは。昨日待望の「トラベラーズ!データセット」が届いて早速インストールし、あまりのハマリっぷりにあやうく夜更かししそうになりました。ブツが届く前は「あちこち旅行出来て思い出が増えまくる拡張セット」的な想像をしていたんですが、いざ実際にプレイしてみるとこれがまあやり込み要素が強いというか…NPCから色んな技を伝授して貰えるのもそうなんですが、旅先でのプチイベントを達成していく事で「バカンスの記念品」というアイコンが埋まっていき、最終的には旅行の達人(名称は私が勝手に付けたもの)... ...続きを見る
飼い主ひみつ日記
2007/10/18 21:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。教えてください。
PC版のFIFA08のオンラインは対戦相手に困らないぐらいの人数は
常時あると考えてよいでしょうか?
どんな感じですか?

当方はドイツ大会2006のオンラインにはまって2年になりますが
そろそろFIFA08に手を出したいと思ってます。

よろしくお願いします。
taro
2007/11/12 22:41
どうもこんばんは。
私はオンライン対戦をやった事が無いので確かな事は分からないんですが、
今しがた接続してみたところ、UKサーバーの方は大繁盛していたようです。
(時差を考えると彼らが現地人である可能性は薄い?)
UKだけで5つか6つぐらいサーバーがあって、一番上のサーバーには
常時60人近いユーザーがたむろしていましたよ。
全体だと数百人規模でしょうか…
ログオンした途端もの凄い勢いで英語のコメントが殺到したので
ちょっと腰が引けてそのままログオフしちゃいました ^^ゞ
あまりお役に立てない情報で申しわけございません。
ベル&しん
2007/11/13 22:10
御存知の事と思われますが、PC版のFIFA 08は日本語版が存在しないので、
オンラインの待ち受け画面や操作なんかは全て英語オンリーなので、
例えJapanサーバーがあったとしても日本語でのチャットは期待できないかも。
期待するとすれば、日本語版が発売されるPS3版やXBOX360版でどうなるか…でしょうね。

ベル&しん
2007/11/13 22:16
UKだけで9つサーバーがあり、
うち3〜4のサーバーで各60人近く賑わっています。
同様にドイツにも同程度サーバーがあり、
こちらも3〜4のサーバーで各60人近く居ました。
他に賑わっているサーバーはオランダ、ポーランドなどがあり、
アジア圏では韓国が最も盛んなようです。
マッチアップ(シングルマッチ)のユーザー数が800人程度、
トーナメントで400人程度、全体では1300人のアクティブユーザーが居るようです。
ベル&しん
2007/11/13 23:23
とても詳細に教えていただきましたありがとうございました。
FIFA08を購入する決意ができました。
届くのが楽しみです。
taro
2007/11/15 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PCゲーム】FIFA SOCCER 08レビュー 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる