飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作PC】オーバークロッカー注目のCPU、C2D E4300発売

<<   作成日時 : 2007/01/22 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 昨日発売されたインテルの廉価版CPU、「Core2Duo E4300」がマニアの間で密かな人気を集め始めているらしい。私も価格が落ち着いてきたら買い求めようかと考えていましたが、当初予想していたより若干高めの値段設定によって逆に冷静さを取り戻したぐらいです。

 何がそんなに魅力的かと申しますと、オーバークロックする事により上位版であるE6300や私の持っているE6400を遙かに凌ぐ性能を有しているからです。と書くと「オーバークロックすりゃあ何でも性能が良くなるの当たり前じゃん」と思われる方がいらっしゃるでしょうが、このE4300の最大の魅力は、FSBが800Mhz(ベースクロック200Mhz)である点とCPU倍率が9倍である点にあると言ってもいい。つまりM/B(※FSB1066Mhz対応)側で認識さえすれば、ベースクロックを同じC2D(Conroe/Allendale)シリーズのデフォルトである266Mhzにクロックアップする事で266Mhz×9倍の2.4Ghz(E6600相当)で動作する事が「ほぼ確実」であるからです。

 FSB耐性の良いM/Bを用いているなら、300Mhz×9倍の2.7Ghzや333Mhz×9倍の3Ghzでだって動かせるポテンシャルを持っていると噂されています。が、やはり最大の魅力は「コストをかけずに高いパフォーマンスを手に入れられる」点にあるので、私の持っているような廉価版のM/Bに、比較的手頃な価格の低クロックメモリでシステムを組み上げるのがある意味正解なような気がします。もちろんベース266Mhzで動作させるのが大前提となりますが。

 どうせ266Mhzで動作させるつもりなら、2〜3ヶ月後にリリース予定のE4400(FSB800Mhz/定格クロック2Ghz)の方がより安く、より高いパフォーマンス(ベース266Mhzで2.66Ghz)が得られるんじゃないかと考え直した次第です。何でE4300より上位版のE4400が安く入手出来るかと言うと、この時期にインテルは価格改定をする事が既に決定しており、1000個単位のスポット価格が現在のE4300の163ドルより安い133ドル(予想小売価格\16,000〜18,000)に設定されているからです。2〜3ヶ月辛抱出来て、ベース266Mhzで動作させるつもりならE4400が最もお買い得なCPUになるというわけです。

 ただ同時期にリリース予定のFSB1333Mhz対応のC2Dシリーズも気になりますし、現在のE6300と同じ価格帯(\23,000前後)で発売されるキャッシュ4MB版のE6420も気になるところ。キャッシュが倍増するのとベースクロックがアップするのとどっちがパフォーマンスが良くなるかという悩みになるんですが、今のところFSB1333Mhz対応版は実売4万円以上の上位版しか発売されないようだし、キャッシュ倍増分が大きくパフォーマンスに影響するわけでもない(ベンチマークでは差がつくものの体感上での差は無いらしい)ので、手の出しやすさから言えばE4400でもいいかなぁという気がしないでもないです。浮いた予算をミドルレンジクラスの新しいグラフィックカード(さしあたってGeForce8600 GTあたり)とFSB1333Mhz対応のM/B(インテルの次期主力チップセットであるP35など)に回した方がより効果的にパフォーマンスアップが望めそうな予感がしますし。尤も現在の私の用途だとそこまでのパフォーマンスは求められていないんですけどね。

 今年の暮れには45nmプロセスで製造される新しいC2Dシリーズ(Wolfdale)シリーズが登場しますし、CPU換装はこれのミドルレンジ版まで待っても良さそうな気がします。ただしこっちの方はまだ素性が見えてこないので、現在のC2Dシリーズのような高いO/Cマージンがあるのかどうかがカギになりそうです。まあ、定格で使っても消費電力当たりのパフォーマンスは確実に上なんでしょうけどね。何せ関西人の性で「より良い製品をより安く」手に入れる事に意義を見出してしまうんですよ。そういう観点から言えば、AMDのK8Lがコストパフォーマンスに優れているようならば、AMDに回帰しても全然構わないという事になります(どうせM/Bも取り替えてしまうのならば、という話の元で)。

 その年末まで持たす「繋ぎ」として見るなら、今E6400を売り払って数千円の差額でE4300を入手し、FSB266Mhz×9倍の2.4Ghzで使い回すというのも悪くない考えです。今だったら最大\22,000で買い取ってくれるので、上手く行けば差額無しでより高いパフォーマンスを手に入れる事も可能かもしれません。これが2〜3ヶ月後だとおそらく\13,000近辺か下手をしたら\10,000を切ってくるかもしれないので、「売り時を逃す」という可能性もあるわけです。う〜ん、そう考えると居ても経ってもいられなくなってきましたが、M/BからCPUを取り外して査定に出すのが非常に面倒だというのが悩ましい所です。ずぼらな私の性格からすると、このまま何もしないで指をくわえて年末まで悶々と過ごしてしまいそうな予感がします ^^;

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新しいCPUがいろいろと登場
Vistaの登場に合わせるようにAMDからAthlon 64 FX-70シリーズが発売されています。 販売は2個セットで,ということのようで価格はだいたいこんな感じです。 ...続きを見る
PCパーツ価格速報 blog
2007/01/30 22:05
検索エンジン経由でご覧になられている方への回答
 有り難いことにウチのブログを多くの方がご覧になっていますが、検索エンジン経由で来られる方で、エントリーに記された内容とはあまり関係のない情報をお求めの方が結構いらっしゃるようで、ウチのように長文が基本のエントリーだと期待させた分、求める情報が無かった時の時間的損失から来る落胆も大きい物と思われます。 ...続きを見る
飼い主ひみつ日記
2007/11/08 23:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作PC】オーバークロッカー注目のCPU、C2D E4300発売 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる