飼い主ひみつ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作PC】余ったパーツでセカンドマシンを組み立てた

<<   作成日時 : 2006/10/15 22:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 先週末、余ったパーツを流用してセカンドマシンを作成しました。正確に言うと「姉と母用のマシン」であって、「私のマシン」でないという意味に於いてはセカンドマシンでは無いんですけどね。自作PCマニアの間では「余ったパーツを流用」して作ったマシンをセカンドマシンと称することが多いので、この方が話が通じやすいかなと思いまして。

 で、このマシンに流用したパーツは、一昨年『SIMS2』を快適に遊ぶ為に買い求めたCPU(Mobile AthlonXP-M 2600+)に、同じ頃購入した電源(Seasonic SS-460AGX)、保守用パーツとして昨年買い求めていたマザーボード(M7NCG400 rev7.2)、最初にパソコンを組み立てた当時購入したメモリ(ノーブランド、PC2100 256MB*2)とCD-R/RW、FDDである。これに加えてHGSTのDeskstar 7K160(IDE 160GB/型番HDS721616PLAT80)にASUSの格安ケース(TA211/電源無し)、アイ・オーの液晶モニター(LCD-A174YW)、キーボード、マウスを別途購入した。OSは8月まで私のメインPCに入っていたWindowsXP Professional(予めSP+メーカーでSP2&9月までのHotfix適用済みブートCDを作成した)を流用。

 母は主にメールのみ、姉はメールの他に家計簿入力ぐらいにしか使わないという事で、作成コンセプトは「手元にあるパーツをなるべく流用しつつ、コストを抑えたエコPC(今風に言えばMoDT)を作る」だったんですが、配送料やら手数料やら何だかんだと7万円ほどの出費がかさんじゃいました。まあ、実際はポイントで加算された分を省くと6万円ほどなんですけどね。

 上記パーツとは別にウィルス対策ソフトや無線LANアダプタなどを購入したせいもあるんでしょうけど、7万円払えばOS付きの最新廉価版パソコンが買えたなぁ、などと思うとちょっと失敗した気分です。マウスやキーボードを安もんにすればもう少し出費を抑えられたんですけど、中身はどうあれ、使用者が直接手に触れるデバイスは、なるべく本人らの要望に添ったものを買い求めた結果だからと自分に言い聞かせる。ちなみにキーボードは、母用にと文字が大きく印字された特製キーボード、イワタデザインの「目にやさしいキーボード かな入力用」を買い求めました。以前に比べると、キーボード上で目的のキーを探す時間が大幅に短縮されたように見えます。

 予定外の出費だったのはCPUクーラーですね。当初、これまで使用していたクーラーマスターのAzteca(型番 CP5-8JD1F-OL)を流用するつもりだったんですが、M7NCG400のコンデンサと微妙に干渉(※リンク先の写真、矢印で示したコンデンサが接触するかしないかギリギリだった。写真にあるCPUクーラーは新たに購入した物)する為、現在販売されている中から大きさと冷却能力、騒音値などバランスの取れた「Spire SPA67B4」を\2,500で購入。CPUクーラーとしては安い部類に入りますが、SocketA専用で使い回しが効かないことを考えると微妙なお値段。ま、仮に今LGA775やSocketAM2までカバーするユニバーサル仕様のクーラーを買い求めたとしても、次に組み立てる時には新しい仕様になっていて、その時また買い直す羽目になるだろうと思えば納得も出来ます。参考までに冷却性能と実際の聴感を書き記しますと、室温22度の環境でアイドル時のCPU温度が29度(システム26度/Everest Home読み)、負荷時もCPU温度はほとんど変わらず、システム温度が3〜4度上昇するだけでした。尤も、BIOSでVcoreを1.375Vまで下げて使っているのが大きく貢献しているんでしょうけど。CPUクーラー単体の聴感は極めて静か。ほとんど無音と言っても差し支えないでしょう。

 ケースは色が白くてデザインがごつくなく、なるべくならドライブベイに蓋(※CD-R/RWドライブが使い回しの青色なので色差を感じさせないように)がついているものなら何でもえぇか、とASUSのTA211という安もん(\5,480。電源無しモデル)に手を出したんですが、届いてみてから分かったのはこれが結構な食わせ物でして…。まず、ケースの加工精度が悪い。パネルと本体を留めるネジ穴の位置がほんの少しずれている為、サイドパネルの取り外し、取り付けに少々コツ(というか強引さ)が必要。まあ、これはある意味我慢できる範囲なんですが、電源コネクタ部と本体側のネジ穴部分が干渉するため、金属加工(ハンドニブラーで切断&ヤスリがけ)を強いられてしまったのには参った。電源を逆さまに取り付ければいいんでしょうけど、トップパネルが嵌め殺し(本体と外れない)になっている為、電源ケーブルの出っ張り部分が引っかかって非常に取り付けにくかった。その他にもネジ穴を締める為の隙間が小さくてドライブベイのネジが締めにくいとか、メインスイッチ、リセットスイッチの作りがちゃっちいとか、ビープ音を鳴らす内蔵スピーカーが付属してないとか、付属の8cmファンが喧しすぎて実用性に乏しいとか、不満点を挙げればキリがないという有様でした。パソコン使用者的には、メインスイッチが硬くて電源オンにちょっとした力(親指で軽くツボを指圧するぐらいの力)が要るのと、フロント3.5インチベイにあるFDDにアクセスするのに蓋を開けないとならないんですが、その蓋の機構もかなり大雑把ですぐに壊れそうな印象でした。まあ、安もんには安いなりの理由があるという事ですね。一応フォローしておきますが、剛性だけは値段の割にまあまあしっかりした方だと思います。

 話が前後しますが、モバアス2600+が定格の1.45Vでなく、それより低電圧で問題なく稼働出来るかOSインストール前にメモリーのテスト(memtest86+ 1.65)を敢行しました。結果から言うと、デュアルチャネル動作では低電圧どころか定格でもエラー吐きまくりでした。さすがメモリの相性が厳しいことで著名なnForce2です。仕方がないのでDIMM B1、B2スロットに挿してシングルチャネル動作にし、電圧を1.40V、1.375Vと変更して順に計測してみたところ共に10 PASSノーエラーで駆動出来ました。この様子だと更に低電圧の1.35Vでも動きそうな気配でしたが、改めてメモリーテストを行うのが面倒だったのでマージンを取る意味でも1.375Vに設定(※その後時間が取れたので試しにM/B設定下限の1.30Vでmemtest86+を実施したところ、8PASSノーエラーだったので、現在は少しマージンを取って1.325Vで運用中)。推定TDPは最小35W〜最大でも45W。メモリがDDR266な為、CPU倍率が133Mhz*12.5のAthlonXP 2200+@1666Mhz相当のパフォーマンス(この状態でのスーパーπ104万桁の計算は1分7秒。DDR266のシングルチャネルである事を考慮するとまあまあな成績)しか発揮できないのが玉に瑕か。

 無線LAN(手持ちの古い無線LAN子機「WL11E」はどうやっても認識されなかったので、やむを得ずUSB接続のWL54SUを購入。\8,800…高い!)の設定も何とか終了し、Windowsのアクティベーションとウィルス対策ソフトのアップデートを行う。無線が混線しているのか、或いはこの無線LANアダプタの性能限界なのか、やや電波の受信状態が悪かった。親機からの距離は直線で5〜6メートルなんですが、間に壁が2枚挟まっているのがネックとなっているのかもしれません。

 ウィルス対策ソフトは、動作が重たく初心者には解りにくいと巷の評判は芳しくない某Nトンではなく、そこそこ軽くて初心者にも分かり易いという評判の某VBを選択しました。私が自分で使うなら巷で評判のカスペルスキーなんか良さげだと思うんですが、使用者のPC熟達度やパソコン本体のパフォーマンスも考慮に入れるとこれがベストな選択か。お陰様でOS起動までの時間はほとんどソフトが入ってない事もあってかすこぶる速い。通常時の動作も問題ないし、ウィルスチェックもそれほどストレスが溜まるもんでもない。ただ、搭載メモリ容量が少ないせいか、フォトショップ(LE版)を起動中に定義ファイルの更新が重なると動作が突然重たくなるかフォトショップが固まってしまった。今のところパソコン使用者からクレームは出ていませんが、いずれ近い将来メモリ増設しなければならないでしょうね。

 その他、ブラウザとメールソフトにFirefox、Thunderbirdをインストールしてデフォルトで使用するアプリケーションとして設定。古いNEC98ノートパソコン(※CD-R/RWなど付いてないしUSBすら無い。仕方がないのでPCカードを利用)から設定などをバックアップし、新しいパソコンに移し替えてやる。使うか使わないか分からないけどOfficeも欲しいとの事だったので、OpenOffice.org 2.0をインストールした。日本語変換ソフトには優待版の一太郎12付属のATOK15(※以前、私のパソコンで使っていたものを使い回し。現在、私のパソコンには別途購入したATOK2005通常版しか入ってない = 一太郎はインストールしていない)。音楽を聴くかどうか分かりませんが、念のためCDリッピング&ジュークボックスソフト代わりにiTunesをインストールした。家計簿ソフトは、過去に入力した分のデータを使い回したいとの希望だったので、古いパソコンに入れてあったもの(WindowsXP非対応)をインストールし、Windows95互換モードにチェックを入れた。スパイウェア対策としてAdaware PersonalとSpyBot S&Dをインストールしましたが、むしろ使用者自らチェックしてくれるかどうかが問題でしょう。

 従って、ソフトウェアに投資した額は某VBの\5,280のみ。全くの新規で組み立てたら幾つかのソフトで使い回しが効かないのでこれだけでは無理でしょうけど、過去の眠っている資産とフリーウェアを駆使する事でかなり節約出来ました。上級者ならセキュリティ対策ソフトもフリーウェアで賄えるでしょうから、やろうと思えばソフトウェアに投資する金額ゼロも不可能ではない!?

 今回の組み立てで得られた教訓としては、「ケースは安もんに手を出すと後悔する」です。少なくても店頭で直にチェック(特にデザイン以外の部分。メインスイッチやフロントアクセスポートの位置や機構など)し、自分で納得できる品質のものを選びたい所です。近くにPCケースが展示してある店舗が無く、どうしてもオンラインショップを利用しなければ購入出来ない場合には、事前にそのケースの評判などをネット上で探ってみるのがいいかもしれません。一応、私もTA211の評判を探ってはいたんですけどね…めぼしい情報に辿り着けなかったというのが実情です。つまり、このエントリーが「唯一の情報」と言ってもいいぐらい。ま、2年前に発売されたケースを今更お買い求めになる奇特な御仁などいらっしゃらないとは思いますが、私の評価は上述した通りです。

完成した「コストを抑えたエコPC」

完成したエコPCCPU:AMD Mobile AthlonXP-M 2600+@1666Mhz(Vcor:1.30V)
M/B:BIOSTAR M7NCG400 rev7.2
MEM:N/B PC2100(DDR266) 256MB*2(シングルチャネル/2.5-3-3-6)
OS:WindowsXP Professional SP2
HDD:HGST Deskstar 7K160(IDE 160GB/HDS721616PLAT80)
FDD:CITIZEN製OEM Z1DE-04A(2MODE)
CDD:TEAC製OEM CDW524E(CD-R x24/CD-RW x10/CD-ROM x40)
Sound:オンボード(Realtec ALC650/AC97)
Graphic:オンボード(GeForce4MX IGP/VRAM 32MB)
Network:NEC Atarm WL54SU(無線LAN子機/USB)
Monitor:I・O LCD-A174YW(17インチTFT液晶/アナログ)
Keyboard:イワタデザイン 目に優しいキーボードかな入力用 KAUSBW-A1
Mouse:バッファロー光学式有線マウス BOMC2-USWH
P/S:Seasonic SS-460 AGX
Case:ASUS TA211(ATX/電源無し/スチール)
※太字は購入した追加パーツ

 [PR]

テーマ

関連テーマ 一覧

メッセージ

サイト内検索



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自作PCの作り方
はじめまして、PCビルダーと申します 。 自作PCに挑戦してみたら、結構簡単に作れましたので、自作PCに関するブログを作りました、最近ハードディスクが壊れた際、自作PCで良かった事を記事にしてみました。 よかったら訪問してください。 ...続きを見る
自作PCの作り方
2006/10/21 21:48
【自作PC】メモリ価格の下落とセカンドマシンのメモリ増設
 2週間ほど前から徐々に値を下げてきていたメモリ相場ですが、PC2-6400の1GBで遂に9千円を割ったようです。と言っても、この最安値はノーブランドバルクメモリで秋葉原の一部ショップに限った話。全体的な相場としては高値安定していた頃に比べて1GBあたり500円〜2千円程の値下がり傾向にあるようです。「2月になったらメモリは更に高騰する!」なんて予測を立て、年の瀬に「UMAX Pulsar DCDDR2-800 2GB」を3万ちょっとで購入した私としては少々複雑な心境だったりします。 ... ...続きを見る
飼い主ひみつ日記
2007/02/12 21:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作PC】余ったパーツでセカンドマシンを組み立てた 飼い主ひみつ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる